Win11

 MicrosoftからWindows11の発表が行われた以降、各コンピュータ関連のサイトでは連日Windows11の話で持ち切りです。現在、Windows11はインサイダービルドで提供されておりますが、ほとんどの人インストールまで行って体験はしたくない人も多いと思います。しかし、ちょっとどういう風なのか見てみたい人のために、今回はこっそりとWindows11を体験できる方法をご紹介します。
Windows11のインストールはもちろん不要です。ブラウザで下記のリンクをクリックしてください。


https://win11.blueedge.me/


Win11SharedScreenshot


BlueEdgeは、最新のWindows 11のシミュレーションであるオープンソースのウェブページを作成しました。これにより、どのように動作し、どのように見えるかを試すことができ、アップグレードについて考えることができます。


 BlueEdgeプロジェクトでは、Windows11を実際にインストールすることなく、Windows 11の無料の実践的な体験をすることができます。Web ページはCSS と Javascript を使用して、Edgeを体験できます。また、Windows 11 デスクトップのホーム画面のエミュレーションなので、ファイル エクスプ ローラーなど、最も頻繁に使用されるアプリの一部も使用することができます。

 このウェブサイトはスマホからもアクセスできると報告されています。これは、Windows 11で動作する電話のインターフェイスがどのようなものになるかを正確に描写するものではありませんが、このプロジェクトにより、新しいOSをユーザーが体験しやすくなります。。

 さらに興味深いことに、ファイルマネージャーを除くこれらのアプリアイコンが単なる小道具ではないということです。実際にMicrosoft Edge を開いて、Web ページのシミュレーション内の Web サイトにアクセスし、Web サイトを参照することができます。

 このプロジェクトにより、ユーザーは、明らかにWindows 11がバンドルされるすべての全体的なビューを取得しませんが、基本的な外観と新しい変更がどのようなものになるかは、より迅速に慣れるのに役立ちます。

ブルーエッジテックノのWindows 11シミュレータでできることのリストを次に示します。

[スタート] メニュー、[検索] オプション、および [ウィジェット] にアクセスする
ナビゲーション バーと予定表を使用する
ストアを参照してカレンダーを使用する
アクセスメモ帳、Vscode、デジタルボード
これらは、ウェブサイト上の win11.blueedge.me で自由に使用することできます。

ぜひ一度Windows 11を体験してみてください。もちろん何回も言いますがインストールは不要です。