Win11 Windows11は発表されてから、ちょっと古いパソコンにはインストールされないといったことが分かり、ユーザーの約半数以上が失望していましたが、どうやら、古いパソコンでもインストールが可能だという情報が入ってきました。
 公式発表によると、マイクロソフトはユーザーがWindows 11をインストールすることを制限する事項を削除したようです。各方面の情報によると、Updateを通じてのWindows11のインストールに関しては、今まで同様ハードウェアの制限があります。そのため、ハードウェアの条件に一致したユーザーのみアップグレードを行うことができます。
 しかし、Windows 11 ISO ファイルをダウンロードして OS を手動でインストールすることは出来るようです。マイクロソフトは現在、64 ビット Windows、32 ビット Windows、およびARMの Windows と S モード PC 用の Windows 10 をサポートする 3 つのバージョンを提供しています。
 Windows 11 ISOをダウンロードし、起動可能なメディアを作成し、Windows 11を新たにインストールすることによってサポートされていないPCでもインストールが出来るようです。つまり、アップグレードは出来なくても、Windows11をクリーンインストールすることによってサポートされていないPCでもインストール可能となります。インストール時、アップグレード オプションが出てきますが、スキップし、新たにクリーンインストールすることになります。また、クリーンインストールとなるため、ライセンスの再アクティブ化が必要になり、かなりのリスクが伴います。そのため、メインで使用しているパソコンにはこの作業はおすすめしません。また、、システムドライブ上のすべてのデータをバックアップしなければならないのと、インストール後にすべてのソフトを入れ直し、アクティブ化するといった膨大な作業が発生します。今回の情報ではかなりのリスクが伴う可能性があります。

 そのため、以前にDLLの置き換えによってアップグレードを回避できるといった記事も書きましたが、もし、この方法が正式にWindows11がリリースされた時点で有効な方法のままであると仮定すれば、その方法を行った方が安全策と言えます。この方法は入手済で、リリースが近くなったら改めてこのブログで公開します。
 もしかしたら、正式のアップグレード時に新たな回避策が出てくるかもしれませんので、今回のWindows11のインストールに関しては焦らず、逆に手を付けない方が良いでしょう。

 マイクロソフトは、セキュリティを念頭に置いて、最小のPC要件に固執していますが、より多くのプロセッサがサポートされています。リリースが近づいているので、より多くのプロセッサが含まれる可能性があります。また、これだけユーザーからの批判が多いWindows11のシステム要件も今後のシェアなどを考えれば、直前になって緩和される可能性も十分にあるかもしれません。