Edge2
 Chromiumベースに変更なってから、急激にブラウザのシェアを伸ばしているMicrosoft Edge、Chromeの機能拡張が使えることと、パフォーマンスが向上しているなどといった理由で、Chromeからブラウザを切り替える人も多くなっています。 しかし、一部のユーザーは、Microsoft Edgeが機能しないといった問題が発生しているようで、今回はMicrosoft Edgeが開かない、またはクラッシュし続ける場合の修正方法をご紹介します。
最初からクラッシュし続ける場合、次の方法を試してみてください。

1.アプリパッケージを再登録する

現在、インストールされているMicrosoft Edgeが機能しない場合、アプリパッケージを再登録することによって、ほとんどはクラッシュを解決できます。方法は次の通りです。


  1. スタートメニューボタンを右クリックして管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。なお、右クリックで、コマンドプロンプトではなく、PowerShellの場合、PowerShellを管理者権限で開いてください。
  2. コマンドプロンプトのユーザーは「PowerShell」と入力してEnterキーを押します。
  3. PowerShellウィンドウが開いたら、次のコマンドを入力して、Enterキーを押します。

    Get-AppXPackage | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register“ $($ _。InstallLocation)AppXManifest.xml”}

  4. コマンド実行中、いくつかのエラーが発生する場合は無視します。
  5. コンピュータを再起動して、Microsoft Edgeを通常どおり使用できるかどうかを確認します。

2.アプリのトラブルシューティングツールを実行する

上記の方法を行ってもMicrosoft Edgeに問題がある場合は、Windows 10の組み込みのトラブルシューティングツールを使って問題を解決することができます。 方法は次のとおりです。

  1. 設定に移動。
  2. 更新とセキュリティ > トラブルシューティングに進みます。
  3. [ Windowsストアアプリ]を選択し、[ トラブルシューティングツールの実行]に進みます。
  4. 画面上の指示に従って、処理を終了します。
  5. コンピュータを再起動してください。
3. アンチウイルスを無効にする

 サードパーティのウイルス対策プログラムによってWindowsの機能をブロックしている可能性があります。アンチウイルスを無効にしてMicrosoft Edgeを起動し、起動するか試してみます。正常に動作する場合は、ウイルス対策のソリューションを変更してください。


4.セキュリティ権限を変更する

 WERフォルダに必要な権限がない場合、Microsoft Edgeは問題を引き起こす可能性があります。 これを解決するには、必要な権限を付与させます。 これを行う方法は次のとおりです。

  1. Windowsキー+ Rキーを押して、 %localappdata%と入力します。 Enterを押すか、 「 OK」をクリックして AppDataLocalフォルダーを開きます。
  2. MicrosoftWindowsフォルダに移動します。 WERフォルダを見つけて右クリックし、[ プロパティ ]を選択します。
  3. [ セキュリティ ]タブに移動して[ 編集 ]ボタンをクリックします。
  4. APPLICATION PACKAGESユーザーを選択し、[ 読み取りと実行 ] 、 [ フォルダの内容の一覧表示 ] 、 [許可]列の読み取りオプションの順に選択します。
  5. [ 適用]をクリックし、[ OK]をクリックして変更を保存します。
5.SFCスキャンを実行する

 上記すべての方法でもダメな場合、SFCスキャンでシステム内のファイルの問題を解決す必要があります。
 Windows 10でSFCスキャンを実行する方法は次のとおりです。

[検索]に移動し、「cmd」と入力して[ コマンドプロンプト ]を右クリックし、[ 管理者として開く ]を選択します。
次のコマンドを入力して、[Enter]を押します。

sfc / scannow

プロセスが終了するのを待ちます。
コンピュータを再起動してください。




急にクラッシュし始めた場合は次の方法で解決を試みます。

6.プライベートネットワークに切り替える

 ネットワーク接続がパブリックに設定されていると、EdgeやStoreなどのWindows 10の機能の一部が機能しな場合があるようです。 Microsoftは、意図的に個人情報にアクセスさせないために、これを行ったと言われています。ネットワーク接続をプライベートに戻すには、次の手順に従います。

  1. スタートメニューを開き、設定アプリに移動します
  2. ネットワークとインターネットに行き、そしてイーサネットに行きます
  3. Ethernetの下の接続アイコンをクリックしてください。
  4. [デバイスとコンテンツの検索]を[オン]に変更します。
  5. コンピュータを再起動してください

7.DNSクライアントを有効にする

 Windows 10のDNSクライアントはデフォルトではコンピュータ上で有効になっているはずです。しかし、誤って無効にしたり、何らかの理由で無効になった場合はインターネット接続に問題が生じる可能性があります。DNSクライアントが有効になっているかどうかを確認し、必要に応じて再度有効にします。確認する方法は次の通りです。

  1. 検索に移動し、services.mscと入力してサービスを開きます。
  2. DNSクライアントを見つけて、そのステータスを確認します
  3. [ステータス]に何も表示されていない場合は、DNSクライアントサービスを右クリックして[開始]を選択します。
  4. コンピュータを再起動してください
  5. DNSクライアントを有効にした後、Edgeブラウザに行き、今インターネットに接続できるかどうか確認してください。
8.キャッシュとデータを消去する

キャッシュデータの蓄積により、Edgeのパフォーマンスが低下しクラッシュする場合があります。キャッシュデータをクリアする方法は次の通りです。

  1. Microsoft Edgeを開き、メニューをクリックします。
  2. 設定を選択します。
  3. [ 閲覧履歴の消去 ]で、[ 消去する ものを選択してください]をクリックします。
  4. 「履歴」と「 キャッシュされたデータとファイル 」を選択して、「 消去」をクリックします。

9.ファイアウォールを無効にする

 何らかの原因で、Windows Defenderファイアウォールの設定が変更なってしまっている可能性があります。ファイアウォールを無効にする 方法は次のとおりです。

  1. 検索に移動し、 firewallと入力してWindows Defender Firewallを開きます 。
  2. [ Windows Defenderファイアウォールを有効または無効にする]を選択します。
  3. プライベートネットワークとパブリックネットワークの両方でWindowsファイアウォールを無効にします。