Win10
 Windows10を再インストールまたはクリーン インストールした後に、通常は自動的にドライバをインストールしてくれますが、使用するデバイスによってはホームページから再入手し、インストールしなければならない場合もあります。
 そこで、Windows を再インストールする前に、インストールされているすべてのドライバーをバックアップ (エクスポート) し、クリーンWindows インストール後、バックアップしたドライバを復元すれば、迅速にインストール作業ができます。
 今回はWindows にインストールされているすべてのドライバーをバックアップおよび復元する基本的な方法について説明します。
 PowerShell コマンドレットを使用して、デバイスにインストールされているすべてのサードパーティ (Microsoft 以外) ドライバーを直接エクスポートできます。以前は、コンピュータにインストールされているドライバのバックアップコピーを作成するには、サードパーティ製のアプリを使用する必要がありました。Windows10では組み込みのコマンドで簡単にバックアップを行うことができます。
 方法は次の通りです。

  1. 管理者として PowerShell コンソールを開きます。
  2. 次のコマンドを実行します。

    Export-WindowsDriver –Online -Destination c:\export-drivers

    注.ドライバ ファイルはc:\export ドライバディレクトリに保存されますので。事前にフォルダを作成する必要があります。このc:\exportは別のフォルダを指定しても構いません。

  3. また、マウントされたオフラインWindowsインストールディスクイメージからドライバを抽出する必要がある場合、次のコマンドを実行します。

    Export-WindowsDriver -Path c:\win_image -Destination c:\export-drivers

  4.  コマンドレットを実行すると、エクスポートされたすべてのサードパーティ ドライバに関する情報が画面に表示されます。
  5.  ディレクトリからすべての Windows ドライバーのバックアップ コピーを取得します。各ドライバーと関連するすべてのファイルは、ドライバーの INF ファイルの名前で名前が付けられている下記のディレクトリに保存されます。

    C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository\

  6. 各ディレクトリには、ドライバのインストールに必要なファイルだけでなく、関連付けられているすべてのファイル、、その他の種類のファイルなどすべてのファイルが含まれています 。
  7. 保存されたドライバーの一覧をクラス、ベンダー、およびドライバーのバージョンと共に便利な形式で表示するには、2 つのコマンドを使用してドライバーをエクスポートします。

    $BackupDrv = Export-WindowsDriver -Online -Destination c:\export-drivers 

  8. 結果を表に表示する場合は次のコマンドとなります。

    $BackupDrv | Select-Object ClassName, ProviderName, Date, Version | Sort-Object ClassName

  9. なお、エクスポートされたドライバーに関する情報を CSV ファイルに保存できます。そのコマンドは下記となります。

    $BackupDrv| Select-Object ClassName, ProviderName, Date, Version |Export-Csv c:\ps\backup_drivers_list.txt

  10. DISM.exeを使用して、ドライバをバックアップし、Windows イメージにインポートすることもできます。すべてのドライバーをC:\export-driversディレクトリにエクスポートするには、管理者特権のコマンド プロンプトを開き、コマンドを実行します。

    dism /online /export-driver /destination:C:\export-drivers

Windows 10 でデバイスドライバを復元する方法

 デバイスドライバのバックアップ コピーを使用して、クリーンな Windows インストール (または Windows の再インストール後) にインストールできます。

  1.  特定のドライバをインストールするには、INF ファイルを右クリックし、[インストール] をクリックします。

    install driver from inf file

  2. デバイス マネージャーを使用して特定のデバイス ドライバーを更新することもできます。デバイス マネージャ コンソール () を開き、置き換えるドライバを選択し、[ドライバの更新] -> "コンピュータのドライバ ソフトウェアを参照する " をクリックします。ドライバのバックアップを含むディレクトリへのパスを指定します。すべてのサブフォルダを自動的にスキャンして inf ファイルを検索するには、[サブフォルダを含める] オプションを選択します。

  3. クリーンインストールを行った後は、指定したディレクトリからすべてのドライバを一度にインストール (インポート) する方が簡単です。これを行うには、次の PowerShell スクリプトを使用します。

    $drvinffiles = Get-ChildItem -Path "C:\export-drivers\" -Filter "*.inf" -Recurse -File
    foreach($drvinffile in $drvinffiles){
    $drvinffile.FullName
    pnputil.exe -i -a "$drvinffile.FullName"
    }

    この PowerShell スクリプトは、指定したディレクトリ内のすべてのフォルダーを順次スキャンし、すべての inf ファイルを検索し、PNPUtil ツールを使用してドライバー ストアにドライバーをインストールします。

  4. Windows 10 の Pnputil を使用すると、単純な 1 つのライナーを使用して、指定したフォルダー (サブフォルダーを含む) からすべてのドライバーをインストールできます。コマンドは次の通りです。
    pnputil.exe /add-driver C:\export-drivers\*.inf /subdirs /install

  5. DISM ツールの Add-Driver パラメーターを使用して、バックアップ ディレクトリからオフライン Windows イメージにすべてのドライバーをインポートすることもできます (この例では、署名されていないドライバのインストールを許可します)。

    DISM /image:c:\win_image /Add-Driver /Driver:C:\export-drivers /Recurse /ForceUnsigned
 Windows を再インストールする前に、インストールされているドライバを必ずバックアップしてください