Win10

 Windows10を使用していて、ある日突然やってくる大きなトラブルは、ログイン画面でフリーズしてしまうトラブルです。また場合によっては再起動したり、停止してコマンドに応答しないことがあります。  
 また、ログイン画面は表示されるが、パスワードを入力した後に何も起こらなくなる場合や、ログイン後Windows がフリーズし、手動で再起動する必要がある場合もあります。今回はそんなログイン前に Windowsフリーズしてしまう場合の解決策について説明します。
 ログイン画面時にフリーズする場合の原因の多くは障害のあるハードドライブ、ロードに多くの時間がかかる互換性のないソフトウェア、破損したシステムファイルなどの原因があります。どの段階でフリーズしているかによって場合によっては原因を特定することも出来ます。

 ようこその画面で問題が発生している場合、起動の問題で、互換性のないソフトウェアやドライバの問題、古いソフトウェア、破損したファイルなどが原因である可能性があります。最も一般的な修正方法として、Ctrl + Alt + Del キーを同時に押すか、システムを再起動することです。しかし、再起動でも解決できない場合次の方法で修復を試みます。

 まずは、デスクトップ画面を開くことができませんので、セーフモードで立ち上げます。ブート中に F8 キーを押すと、セーフ モードに入ることができます。
 また、Shift キーを押して [再起動] をクリックして[高度なスタートアップ オプション]画面を起動します。[更新とセキュリティ>回復 >>高度なスタートアップ>再起動の設定を開きます。管理者特権の CMD プロンプトでshutdown /r /oと入力して、コンピュータを起動して [詳細ブート オプション] または [回復コンソール] に表示します。

 もし、上記の方法でセーフ モードに入ることができない場合は、Windows インストール メディアまたは回復ドライブで Windows 10 を起動し、[コンピュータの修復] を選択して [高度な起動オプション] >コマンド プロンプト>入力する必要があります。CMD を使用してコマンドを実行できるようになりました。Windows 10 DVD または起動可能な USB ドライブを使用することも、別のコンピューターを使用して USB ドライブに Windows 10 ISO を書き込む方法もあります。



1.SFC ツールを使用して修復

  1. コマンド プロンプトまたは Windows ターミナル (管理者) を開いて起動します。
  2. このウィンドウで、sfc /scannowと入力し、Enter キーを押します。
  3. Windows がシステム ファイルのエラーをスキャンしている間待ちます。
    スキャンが完了するまでに10~20分かかることがあります。SFC スキャンの結果で整合性違反が見つからなかったり、破損したファイルや修復が見つからなかった場合は、破損したファイルが見つかっても修復できない場合があります。その後、DISM ツールのヘルプを利用して問題を解決する必要があります。


2. DISMツールを使用して破損したファイルを修正
DISM は、システム上で SFC スキャンが正常に修復しない場合、コンポーネントの破損を修正することができます。

  1. [スタート]ボタンをクリックし、コマンドプロンプトと入力します。
  2. 表示されたら、管理者権限で起動します。

    DISM /Online /Cleanup-Image /restorehealth 

    と入力し、Enter キーを押します。
  3. DISM ツールはステムのエラーをチェックし修正します。このプロセスには10~15分以上かかります。この DISM プロセスが完了したら、システムを再起動し、システムを再実行して、残りの破損ファイル (存在する場合) を更新されたファイルに置き換えます。

3. システムの復元
 Windows アカウントにアクセスできない場合、クラッシュモードのシナリオを再作成することで修復モードを強制に開くことができます。

  1. 自動修復メッセージが表示されるまで、システムを数回再起動します。
  2. 自動修復メッセージが表示されたら、[トラブルシューティング] に移動し、[詳細設定] オプションを探して、[システムの復元] を選択します。
  3. ユーザー名を選択し、パスワードを入力します。(管理者アカウント)
  4. [次へ]をクリックし、目的の復元ポイントを選択し、画面の指示に従ってシステムを復元します。
  5. システムが復元した後、問題がまだ存在するかどうかを確認します。
4. スタートアップ修復

 この方法は、起動可能な USB ドライブが必要です。USB を準備し、UEFI または BIOS で USB として最初のブートドライブを変更します。コンピュータを再起動すると、通常のWindowsインストール画面が表示されますが、左下には[このPCを修復]オプションをクリックできます。

次に、高度な回復オプションが表示されます。[スタートアップ修復>詳細オプション>トラブルシューティング] をクリックします。

スタートアップ修復は、コンピュータをスキャンし、さまざまな設定、構成、およびシステム ファイルをチェックします。スタートアップ修復は、次の問題を探します。

ドライバが見つからないか、破損しているか、互換性がない
システム ファイルが見つからないか破損している
ブート構成設定が見つからないか壊れています
レジストリ設定とディスクメタデータが壊れています。
問題のある更新プログラムを削除する

問題が修復されたら、再起動しユーザーアカウントにログインします。

5. クリーンブートを実行する
システム構成無効サービス

 サードパーティ製ソフトウェアがこの問題を引き起こしている場合もあります。それにより、Windows の起動を妨げる場合があります。必要なサービスのみを読み込むクリーン ブートを実行することによって問題が解決できる場合もあります。
  1. [Win]キーを押しながら R キーを押して、[実行]プロンプトを開きます。
  2. msconfigと入力し、Enter キーを押してシステム構成を開きます。
  3. [サービス] タブに切り替え、[すべての Microsoft サービスを非表示にする] を選択し、[すべて無効にする] ボタンをクリックします。
  4. 再起動します。
  5. これで立ち上がった場合、次に一つサービスを有効し、再度再起動してみます。
  6. このステップを繰り返問題を引き起こしたアプリケーションを見つけます。

6.ディスク表面テスト
 不良セクタを持つハードドライブに問題がある場合は、この問題が発生する可能性があります。数年使用しているパソコンの場合、この原因によってログインできなくなる場合の確率が多くなります。この場合はディスク表面のテストを実行し、悪いセクターを修復するしかありません。CHKDSKまたはサードパーティのフリーウェアを使用し、ディスクの修復を試みます。
 ログインできない場合は、ハードドライブを別のPCに接続して、テストを行います。
 この方法で注意しなければならないのが、場合によってはWindows を再インストールする必要がある場合もあります。Windows を最初からインストールすると、システム データが消去されます。そのため、サードパーティのバックアップおよびリカバリソフトウェアを使用して定期的にバックアップを取ることをお勧めします。

7. 最新の更新プログラムをアンインストールします。
最近の更新プログラムの 1 つがこの問題の背後にある場合は、セーフ モードで起動し、このような更新プログラムをアンインストールできます。

  1. Win + X を使用し、R を使用して実行プロンプトを開きます。
  2. msconfig と入力して、システム構成ユーティリティを開きます。
  3. [ブート] タブに切り替えてから、[ブート オプション] の下で、[最小オプションでセーフ ブート] をオンにします。
  4. 次の再起動では、セーフモードで作業することができます。
  5. 更新プログラムをアンインストールするには、Windows Update >更新プログラムの履歴>アンインストール>設定>
  6. 従来のコントロール パネルのインストールされた更新プログラムセクションに移動します。
  7. 更新プログラムのインストール時期に基づいて、アンインストールを選択します。
  8. 再起動します