SAFE
 Windowsセーフモードは、ソフトウェア関連のあらゆる問題を回避する方法で、セーフモードでトラブルの修正を行う場面も多くあります。しかし、トラブルの状態によっては 正確なパスワードを入力したにもかかわらずログオンできない場合があります。ログオンできなければ先に進むことができません。今回はセーフモードでパスワードを受け付けない場合の対処方法をご紹介します。
1.Microsoftアカウントを使用している場合は、セーフモードとネットワークで起動

 管理用Windows 10アカウントでMicrosoftドメインアカウントを使用している場合は、通常のセーフモードでのログイン時、パスワードは受け付けません。その場合はPCを再起動し、セーフモードとネットワークをで起動をお勧めします。方法は次の通りです。
  1. Shiftキーを押しながらログイン画面で[再起動]をクリックします。
  2. トラブルシューティングを選択します。
  3. [ 詳細オプション]を選択し、次に[ 起動設定]を選択します 。
  4. 再起動をクリックします。
  5. リストから[ セーフモードとネットワーク]を選択します 。
2.Windows 10の起動可能なドライブを使ってパスワードを削除する

 この回避策は、この問題に対する一番の解決策となります。
 しかし、この回避策を行うにはMedia Creation Toolで作成された起動可能なインストールメディアを入手する必要があります。
 USBフラッシュドライブにWindows 10をインストールしたら、あとの手順は簡単です。

 ブータブルドライブを作成してパスワードをリセットするには次の方法で行います。

  1. メディア作成ツールをダウンロードします。

    https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

  2. USBを最速差し込みます。 6 GB以上の空き容量が必要です。この操作でUSBドライブのデータはすべて削除されますので気を付けてください。
  3. 「 別のPC用のインストールメディア(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)を作成する 」オプションを選択し、「次へ」をクリックします。
  4. 言語とアーキテクチャを選択してください。 Nextをクリックしてください。 
  5. 「USBフラッシュドライブ 」オプションを選択してください。
  6. ツールがファイルをダウンロードしてUSBにマウントするまで待ちます。
  7. 起動可能なインストールドライブで起動し、左隅から修復を選択します。
  8. トラブルシューティングを選択します。
  9. [ 詳細オプション] 、[ コマンドプロンプト]の順にクリックします 。
  10. コマンドラインに次のコマンドを入力して、Enterキーを押します。

    bcdedit / deletevalue {current} safeboot

  11. コマンドプロンプトを終了してPCを再起動します