OUTLOOKIMG
 一部の Windows ユーザーから、Outlook が開いた直後に自動的に閉じるといったエラーが報告されています。この現象はさまざまな理由が考えられますが、このエラーを解決する方法説明していきましょう。
 Outlook を開くとすぐに閉じる原因はOutlook本体のファイルやシステム ファイルが破損している、アドインが多すぎるなど、さまざまな原因があります。次の方法で一つずつ解決してみてください。

1.PSTファイルを修復する
 受信トレイ修復ツールを使用して破損した Outlook PST と OST 個人データ ファイルを修復してみます。修復ツールは「Scanpst.exe」というファイル名ですので、このファイル名をコンピュータ内で検索し、実行してください。

2.本体ファイル・システムファイルの修復
 Outlookそのものを修復します。コントロール パネルに移動し、Outlook または Office を右クリックして [変更] を選択し、Office アプリを修復します。

3.Outlook のハードウェア アクセラレーションを無効にする
 ハードウェア アクセラレーションは、エクスペリエンスを使用してOutlook を改善するために使用していますが、問題を解決するどころか、逆に問題を作成しているといった報告もあります。
 エラーを修正するためにハードウェアアクセラレーションを無効にしてみます。これを行うには、次の手順に従います。

Outlook を開きます。
[ファイル]タブに移動し、[オプション] をクリックします。
[詳細設定] に移動し、[ハードウェア のグラフィックス アクセラレータを無効にする] にチェックマークを付け、[OK]をクリックします。
ここで、問題が解決しないかどうかを確認します。


4.Outlook アドインを削除する
Outlook に複数のアドインをインストールしている場合は、問題の原因になっている可能性があります。
Outlook クライアント アプリを開き、[ファイル >オプション]> アドインに移動し、すべてのアドインのチェックマークを外して [OK] をクリックします。
最後に、問題が解決しないかどうかを確認します。


5.マイクロソフトオフィス構成アナライザツールを使用する
Office構成アナライザ ツールを使用します。インストール済みの Office プログラムの詳細なレポートが表示され、既知の問題が明記されます。これによって、設定に問題があるかどうかを確認できます。

6.Outlook が最小化されると閉じる
 最小化ボタンをクリックすると Outlook が閉てしまうと思う場合は、実際には閉じておらず、通知領域に最小化されていることを確認してください。
 この動作を変更し、Outlook のウィンドウを最小化してタスク バーに表示するには、[最小化時に Outlook を非表示にする] オプションをオフにします。