Win11
 マイクロソフトは、サポートされていないPCのためのWindows 11 TPMチェックのバイパス方法を公開しました。詳細は次の通りです。
 マイクロソフトは、TPM 2.0 と CPU チェック (TPM 1.2 が引き続き必要) をバイパスする公式な方法を提供し、サポートされていないシステムに Windows 11 をインストールする新しいサポート Web ページを公開しました。その内容は次の通りです。
 マイクロソフトの公式のバイパス方法は、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetup下のの"AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU"という名前のレジストリ値を追加して、起動可能なメディアを使用してWindows 11をインストールします。

Windows Registry Editor Version 5.00

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetup
"AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU"=dword:00000001


これによってTPM 2.0 セキュリティ プロセッサまたは互換性のある CPU を追加してもチェックされなくなります。ただし、上記の方法はTPM 1.2セキュリティがある場合のみ有効です。

 TPM1.2がない場合はDLLの書き換えも必要になりますが、ここで注意したいのは、このDLL書き換えとTPM 2.0 無効でインストールを行った場合、サポートが受けられなくなるということです。必要条件がを満たしていない環境でインストールを行った場合、Microsoftはその後のセキュリティ更新プログラムを含む更新プログラムを提供しないとのことです。つまり、更新プログラムはすべて手動でインストールする必要があるということになります。

 Microsoftの公式の方法はあくまでも一旦回避してインストールする方法で、インストール後はTPM2.0を有効にすることが条件となっています。そのため、非推奨環境での好奇心によるインストールはトラブルの基となります。もし、この方法で非推奨環境でのインストールを行う場合は、Windows 11 をインストールすることを推奨していないのと同様に、それによるリスクを理解して自己責任で行ってください。