iPhone13
 今年新しく発売されたiPhone 13ですが、今までのiPhoneとは違い修理にはちょっと厳しいようで、特にiPhone 13の画面修理はサードパーティの修理店では修理することができないようです。
 サードパーティ(Appleが正規認定を受けていない)の修理店が実際に持っているツールを使用して画面の修理を行うと、Face IDを完全に無効にするエラーが残るとのことです。これは、アップルは、オーナーや独立系ショップが画面修理の方法を知らせていなく、Apple独自のソフトウェア、Apple Services Toolkit 2にアクセスできる認定技術者は、修理業者の情報をAppleのクラウドサーバーに記録しなければならず、その情報の携帯電話と画面のシリアル番号を同期することで、新しい画面を機能させることができます。この機能により、Appleは個々の修理を承認または拒否することができるそうです。
 iPhone 13の画面のユニットには小さなマイクロコントローラがあり、このコントローラーによって性制御を行うことができるようで、そのため、サードパーティの修理店が修理すると、認定を受けていない業者ということから、このFace IDの無効の解除を行うことができません。
 これを回避する方法としては元の画面から交換ユニットにはんだ付きチップを転送(交換)する方法がありますが、この方法は顕微鏡を使ってはんだ付けを行分ければならないので、非常に無理があるようです。
iPhonesyuuri
 現在のiPhone修理店はAppleの正規認定を受けていないところも多く、全体の半数以上は正規業者ではないとも言われています。
 修理業者の唯一の方法は独立修理プログラムのメンバーになることですが、一方で、これはもはや顧客のプライバシーの保護の欠点が付属してしまいます。 
 以上のことから、今回のiPhone 13の発売は、コロナ開けの新商品の登場とともに、現在多くなってきているiPhoneの修理業者を整理していくという、もう一つのAppleの戦略があると言えます、