KOREAKOKKI
 本日はお隣K国の経済の話題についてご紹介します。
 何かと日本を批判し、No Japanを行うK国。個人的にはそこまで日本が嫌だったらこっちを向くな!と言いたいところですが、日本を叩かないとお金がもらえないので必死に日本を責めているのすが、日本も強固な対応を行っているため、もうどうして良いか分からなくなってきております。そんなお隣K国ですが、K国の主力分野である半導体関連に暗雲が立ち込めています。
 以前の記事でも何回か記しましたが、K国の経済のほとんどは財閥の売り上げで85%を占めています。逆に言えば財閥がコケると、K国経済は一気に滅びてしまうといった大きなリスクがあり、日本のグローバルな各企業の経済が集まって景気を作っているのと大きな違いがあります。
 その中でも現在K国の経済で大きなシェアを占めているのがサムスン電子ですが、このサムスン電子は半導体分野で世界中で大きな影響力を誇っており、その売り上げと利益が現在のK国経済を支えていっていると言っても過言ではありません。
 しかし、K国企業は日本の企業と大きく違っているのが現状で、その大きな違いはK国の企業は他の企業の製品を真似っこして儲けるといったことにあります。その真似っこをしたものを低価格で販売し、成長を遂げていったといっても過言ではありません。
 そのようにして半導体分野を大きくしていったサムスン電子ですが、ここに来てちょっと雲行きが怪しくなってきました。
 製品の基礎的な「丈夫である」ということを無視して製品を作ったおかげで、海外から次々と訴訟を起こされています。
SUMChorbook

 問題となったのは「Samsung Plus 2-in-1 12.2インチ」で、この製品に対する保証の訴訟が
ニュージャージー州連邦地方裁判所で起こされています。
 その訴訟内容はサムスンがChromebookの欠陥を隠し、多くの顧客に影響を与えたにもかかわらず、修理費用を負担することを拒んだということです。
 問題となった欠陥箇所はディスプレィのヒンジの部分です。この「Samsung Plus 2-in-1 12.2インチ」はラップトップとタブレットのハイブリッド製品で、360度回転タッチスクリーンが搭載され、ユーザーはデバイスとスイッチモードを簡単に変換できタブレットとして使用する場合はディスプレィを取り外して使用しますが、その際にヒンジが斜めにぶら下がっているときに、Chromebook を開いたり閉じたりすると、ディスプレイが割れ、下のディスプレイパネルが破裂してしまうというものです。
Sumcracked
 また、タチが悪いのが修理を行っても根本的な対策を行っていないため、またすぐ壊れてしまうということです。ユーザーがこの問題をサムスンに苦情を申し建てしたところ、サムスン側は「ラップトップを開閉しすぎた」ことが原因であると言い、改善することがなかったようです。さすがK国企業。本来であれば明らかにリコール問題の対象となりますが、ユーザーのせいにするところがすごい企業です。
 以下の写真はこの製品のレビューで共有されている写真です。

HINJI01


HINNJI02

 現在、この製品に対して集団訴訟を起こされていますが、この問題の件に関してはサムスンは一切公表していないし、それに対する措置も起こしていないから驚きです。さすがK国ですね。世界の常識は私たちの常識ではないというのがK国企業です。
 以前にもバッテリーの発火問題がありました。通常であれば危険性を伴うことからリコールを行わなければいけないのですが、責任逃れをし、日本の企業のせいだといった責任を他に押し付ける騒動もありました。。そのため根本的な改善を行っていないので、現在でもK国製品のバッテリーは発火するといった事故が絶えないのが現状です。
GENDAIFire

 この発火現象、スマホだけだったら良いのですが、K国の現代自動車の車まで燃えてしまうといった大きなファイヤー現象も起きています。
 このように、今まで他人のせいにしてきたK国企業ですが、ここに来て世界中で騒がれてきているたため、各国ではK国製品を買わないような動きになってきています。

 今年、ムンムン大統領が押していたK国芸能人BTS、こいつらとコラボしたスマホをサムスンが発売した訳ですが、BTSは海外では「どこのどいつや?」といった感じで人気はないので売れるはずもありありません。現在、在庫処分で大売出し中のようですが、それでも買い手がつかないようです。

 現在のK国企業は中身はメタメタ状態で、いつトドメを刺されてもおかしくありません。
 火を噴く車を販売している現代自動車。
 いつもストライキを起こして親会社に見反されているルノーサムスン
 日本からの半導体の素材に頼りっぱなしのサムスン電子
 建物自体も傾いてきているK国ロッテ
 最近米国に虐められている鉄鋼のボスコ
 5G事業が頼みのSKテレコム

 つい最近では尿素水が無くなってK国では自動車を走ることが出来ないと騒いでいて、物流が止まるかもしれないといったことになっているそうです。
 また、台湾TSMCが日本に新工場を建設することによって、K国の最主力である半導体にも影が見えており、TSMCが日本で稼働開始したら、K国に素材が回らない?といったことがあるのかどうか..
 K国経済に最終的なトドメを刺すのはやはり「日本?」トドメを刺されても謝らないのがK国?
 K国は自称先進国としてホルホルしています。K国は日本を後進国と思っておりますので、先進国だったら、後進国の力を借りなくてもすべてやっていけるでしょう。日本は先進国に力を貸すなんて恐れ多くて...日本は恐れ多い先進国に力を貸してはいけません。
 先進国の企業は世界中の模範とならなければならないので、立派な対応をとってくれるかもしれません。(皮肉)

 いずれしてもK国の経済は思っている以上に危ないかもしれません。(あくまで個人的な感想です。)