Win10
 マイクロソフトは、2021 年 11 月のに予定していた大型更新プログラム Windows 10 21H2 をリリースしました。リリース方法はWindows Update のオプションの更新プログラムとして Windows 10 2004 以降を実行しているユーザーが利用できます。
 Windows 10 21H2は段階的に展開されており、最初にバージョン2004以降を実行しているユーザーに提供されます。今回は、Windows Update で新しい更新プログラムのチェックを手動で実行するユーザーを優先に提供されており、また、バージョン2004を使用しているユーザーを優先に提供しているようです。
 Windows 10 11月 2021 の機能アップデートをインストールするには、[スタート] メニュー >の設定>更新とセキュリティ] をクリックし、[更新プログラムの確認] ボタンをクリックします。Windows 10 は、新しい更新プログラムをチェックし、オプションの [Windows 10、バージョン 21H2 の機能更新プログラム]を表示します。
 21H2の更新が表示されない場合は、段階的に展開されていますので、いつものようにいずれ展開されていきますので後で同じ操作を行ってみてください。
 また、今回要注意なのは、 Windows 10 2004 を実行しているユーザーは、今回のアップデートは必ず行ってください。Windows 10 2004 は来月サポートの終了に達します。これ以降、最新バージョンにする場合は再インストールが必要になるため、非常に時間がかかります。
 今回のWindows 10 21H2 は、いつもよりも小さい機能更新ですので、簡単に終わることができるようです。

 今回のWindows 10 21H2適用後、大きな機能更新プログラムの提供は年2回から年1回へと変更なります。これはWindows 11 に合わせており、Windows11は年間機能更新プログラムのリリースとなっているからです。そのため、今回の更新以降、機能アップデートは2022 年後半にリリースされることになります。ただし、セキュリティ更新は今まで通り毎月第2火曜日となります。