Win11stmenu
 Windows11の最大の使いにくい所の一つに、スタートメニューの使いにくさや、タスクバーの右クリックから「タスクマネージャー」が消えてしまったところだと個人的には思います。慣れてくれば良いのかもしれませんが、正直個人的にはなかなか慣れません。そこで、以前のWin10の状態に戻してくれるソフトがありましたのでご紹介します。
 同様のソフトにはWindows7のスタートメニューに戻してくれる「OpenShell」などがありますが、いろろ試してみて、このソフトが一番使いやすかったので今回ご紹介することにしました。
 「OpenShell」などは確かに良いのですが、一つ難点なのが、タスクバーの右クリックやスタートメニューの右クリックなどのメニューが以前のメニューになっていなことと、スタートメニューの場合、OS上のスタートボタンの上にアプリのボタンを配置しているため、クリックの位置がちょっとずれるとWindows11のメニューが出てしまうといったものです。
 今回紹介するのはExplorerPatcherというソフトでGitHubで公開しております。

ExplorerPatcherに入手は下記リンクから入手できます。

https://github.com/valinet/ExplorerPatcher

ページの中央あたりにHow to?の中に、「1.Download ~」とありますので、setup programの部分をクリックし、セットアップダウンロードします。
EXPANIMG


 ダウンロードしたら、セットアッププログラムを実行します。セットアップは何事もなかったのようにすぐ終わります。
Rmenu

 タスクバーを右クリックし、「プロバティ」で各種設定を行うことができます。

EXPACHmenu

 メニューは英語で表記されていますが、たぶん見ればわかると思います。

 このソフトにより、Windows11でもWindows10のスタートメニューや右クリックメニューが使えます。また、タスクバーの太さも以前のWindows10の細さに戻りますので、使いやすくなります。

 このソフトはWindowsのバージョン変化ごとにこのソフトもアップデートを行う必要がありますので、アップデート通知をONにしてください。