Win11stmenu
 Windowsのスタート メニューは、アプリや設定などにアクセスするために非常に重要な機能となります。Windows アイコンをクリックすると、[スタート] メニューを起動でき、アイコンをもう一度クリックするか、どこかをクリックすると、[スタート] メニューが閉じます。ごく当たり前のようですが、何らかの原因でスタートメニューが閉じなくなった、またはフリーズ状態になってしまうといったトラブルが発生します。その場合の修正方法をご紹介します。
1. スタートメニューの再起動

スタートメニューのプロセスを再起動してみます。方法は次の通りです。

  1. タスク マネージャを開きます。
  2. プロセスを名前順にソートし、スクロールしてスタートという名前のプログラムを見つけます。
  3. この開始プロセスを右クリックし、[タスクの終了] を選択します。
  4. これによってスタート メニューのプロセス再起動されます。
上記でもダメな場合はWindowsエクスプローラプロセスを再起動してみます。
 上記の手順でエクスプローラを探し右クリックして[再起動]を選択します。

2
スタート メニューのレイアウトをデフォルトにリセットする
 スタートメニューのレイアウトを復元してみます。
 
  1. 一旦サインアウトします。
  2. Administratorなどの管理者アカウントで再度ログインします。
  3. ファイルエクスプローラに隠しファイルやフォルダを表示します。
  4. 次のフォルダを削除します。

    C:\Users\<管理者username>\AppData\Local\TileDataLayer\Database

  5. TileDataLayout フォルダーをコピーします。
  6. 次のディレクトリに移動します。

    C:\Users\<破損しているユーザーusername>\AppData\Local\TileDataLayer\Database

  7. 先ほどコピーしたTileDataLayout フォルダーを貼り付けます。


3.
スタートメニューを再登録する
 最終手段として[スタート] メニューを再登録すると、問題を解決できます。これを行うには、管理者として Windows PowerShell を起動します。その後、次のコマンドをコピーし、PowerShell に貼り付けて Enter キーを押します。

Get-appxpackage -all *shellexperience* -packagetype bundle |% {add-appxpackage -register -disabledevelopmentmode ($_.installlocation + “\appxmetadata\appxbundlemanifest.xml”)}

コマンドが正常に実行されたら、Windows PowerShell を閉じてコンピューターを再起動します。再起動後、問題は修正されます。