Win10
 Windows10を使用していて、0x80004005のエラーが表示される場合があります。このエラーは不特定のエラーで特定の原因を突きつめての修復が難しいエラーとなります。
 このエラーが表示された場合の修復方法をご紹介します。
エラーコード0x80004005は、デバイスが次の理由の1つ以上を満たしている場合に主に発生します。

  • Dpcdll.dll ファイルがありません。
  • システムファイルの破損。
  • Windows Update の問題。
  • 圧縮ファイルまたはフォルダを抽出している間。
  • ファイルまたはフォルダの名前を変更する。
 このエラーは共有フォルダとドライブへのアクセスに問題が発生することがよくあります。このエラーコードに遭遇した後、仮想マシンを開いたり、Microsoftアカウントを変更したりできない場合もあるようです。また一度表示されると、Windows Updateが実行されない場合もあります。その場合は、次の方法で修復を試みてください。


1.Windowsアップデートのトラブルシューティングを実行する
 ほとんどの場合、Windowsアップデートの更新に失敗によって他のいくつかの問題が発生することがあります。エラーコード0x80004005はそのようなインスタンスの1つであり、デフォルトのトラブルシューティングツールを使用してこの問題を解決できます。
次の方法でWindows 10アップデートのトラブルシューティングを実行してみてください。
  1. コントロールパネルを起動します。
  2. 起動したら、横にあるドロップダウンメニューを使用して「小さいアイコン」を選択します。
  3. オプション → トラブルシューティングを選択します。
  4. 左側のペインで、[すべて表示] をクリックしてから [システムとセキュリティ] をクリックします。
  5. Windows Update を右クリックし、[管理者として実行] を選択します。
  6. [詳細設定] オプションをクリックします。
  7. [後で修復を自動的に適用する]チェックボックスをオンにして、[次へ]をクリックしてさらに先に進みます。
  8. 閉じるボタンをクリックして修復プロセスを完了します。
  9. [詳細情報を表示] をタップして、結果全体を表示します。
  10. 最後に、PCを再起動します
2.システムファイルチェッカーを使用する
 システムコアファイルは、Windows 10のすべての基本操作をスムーズに実行するために重要な役割を果たします。これらのファイルのいずれかが何らかの形で破損した場合、エラーコード0x80004005が表示されます。次の方法で修復を試みます。

  1. Windows + Rを同時に押して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログを起動します。
  2. テキスト ボックスに「cmd」と入力し、Ctrl + Shift + Enter キーを押します。
  3. ユーザーアカウント制御ウィンドウが次に表示され、[はい]をクリックして、管理者としてコマンドプロンプトを開きます。
  4. 以下のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

    sfc /scannow

  5. 破損したファイルの検索と修正が完了するまで数分待ちます。
  6. 次にexitと入力し、Enterキーを押してコマンドプロンプトを表示します。
  7. PC を再起動して、行った変更を有効にします。

3.DISMコマンドを実行する
 不良メモリセクタの存在は、Windows 10 PCでもこのエラーを引き起こす可能性があります。このようなセクターのチェックと修復は、DISMスキャンを実行することによってのみ行うことができます。コンピュータ上の不良セクタを見つけて修正する方法は次のとおりです。

  1. Win + S キーを押して、検索ウィンドウを呼び出します。
  2. 「CMD」と入力し、コマンドプロントを選択します。
  3. コンテキスト メニューの [管理者として実行] を選択します。
  4. UAC プロンプトが表示されたら、[はい] をタップしてアクセスを許可します。
  5. 昇格したコンソールで、次のように入力し、キー – Enter キーを押します。

    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

  6. プロセス全体を完了するのに約10〜15分かかることがあります。
  7. スキャン/修復プロセスが終了したら、PCを再起動します。

4.エラー.dllを修復するためにDpcdll 0x80004005ファイルを置き換えます
 PCにいくつかの重要なDLLファイルがない場合、これもエラーコード0x80004005発生する可能性があります。この場合、コンピュータにDpcdll.dllファイルをダウンロードしてインストールすることによって修正します。ただし、この解決策は、エラーメッセージにDLLファイルが見つからないという表示があった場合にのみ実行してください。このプロセスの進め方は次のとおりです。
  1. まず第一に、DLLダウンローダサイトを開きます。下記リンクになります。

    https://www.dlldownloader.com/

  2. 検索バーに移動し、その上に「Dpcdll.dll」と入力します。
  3. Enter キーを押して一致する結果を検索し、最新の DLL バージョンをダウンロードします。
  4. Zip モードになっているために、ダウンロードが完了抽出してください。
  5. ダウンロードが完了したら、Win + Rを押して[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開始します。
  6. 以下をコピーして貼り付け、OKを押します。

    %SystemRoot%\System32\

  7.  C:\Windows\System32 に移動します。
  8. 抽出したファイルをコピーして、ここに貼り付けます。

    注: 64 ビット コンピューターを使用している場合は、Dpcdll.dll ファイルをコピーして、次の場所に貼り付けます。

    C:\Windows\sysWOW64
5.最新のセキュリティパッチ/ SSUをダウンロードしてインストールする
 エラーコード0x80004005は一種の更新エラーであり、最近のパッチまたはサービススタックをインストールした後に自動修正される可能性があります。これを行うには、次の手順を使用します。

  1. Microsoft Windows Updateサイトを開きます。
  2. コンピューターで実行されている Windows 10 バージョンを選択します。
  3. KB 番号の下ではなく、選択されたバージョン内のトップ リンクをクリックします。
  4. 次に Microsoft Update カタログにアクセスし、検索フィールドに KB 番号をコピーして貼り付けます。
  5. システムアーキテクチャに合ったアップデート、つまりx86、x64、またはARM64を選択します。
  6. どのアップデートを使用するかを決定したら、その横にある[ダウンロード]ボタンをクリックします。
  7. 次の画面で、トップリンクをクリックします。
  8. このファイルの保存を求めるメッセージが表示されたら、フォルダを参照し、セットアップ ファイルを保存します。
  9. ダウンロードが完了したら、セットアップファイルをダブルクリックしてデバイスのアップグレードを開始します。
6.システムの復元ポイントを使用する
 システムの復元ポイントは、デバイスが正常に機能していたときにそのようなポイントを作成している場合は、PCの状態をその特定のポイントの状態に戻すことができます。以前に作成したシステムの復元ポイントを使用するための手順は次のとおりです。

  1. [スタート]に移動し、テキストボックスに「システムの復元ポイントを作成」と入力します。
  2. [システムの保護]タブに移動し、[システムの復元]をクリックします。
  3. 「システムの復元」ウィンドウが起動したら、[次へ]をクリックします。
  4. 最新の復元ポイントを選択し、[影響を受けるプログラムのスキャン]をクリックします。
  5. すべてがうまくいけば、もう一度[閉じる]、[次へ]をクリックします。
  6. 最後に、[完了]をクリックしてデバイスの復元を開始します。
  7. このプロセス全体は、バックアップサイズに応じて20〜30分かかります。