Win10
 ノートパソコンを持ち運び使用する場合、バッテリーアイコンは非常に重要なアイコンとなります。sしかし、何らかの原因によってタスクバーからバッテリーアイコンが消えてしまう場合があります。バッテリーアイコンが消えると、バッテリー残量がわからないので不便です。今回はそのアイコンの修復方法をご紹介します。
1.アプリケーションのバッテリーアイコンを有効化する。
  1.  バッテリーアイコンが消える問題のほとんどは、バッテリーアイコンが無効化になっている場合があります。有効化するには次の通りです。

  2. タスクバーの空の部分を右クリックします
  3. 次に、「タスクバーの設定」をクリックします。
  4. [通知領域]セクションまで下にスクロールし、[システムアイコンをオンまたはオフにする]をクリックします。
  5. バッテリーアイコンで、インジケータを必ず「アクティブ化」モードにしてください
  6. バッテリーアイコンが編集エアに表示されない場合は、通知領域に戻り、「タスクバーに表示するアイコンを選択」を選択します。
  7. バッテリーアイコンが見つかるまで下にスクロールしてから、必ず[アクティブ化]を押してください
2.ウィンドウズを更新する 10
 バッテリーアイコンの消失に関連する問題は、アップデートを行ってないのが原因である場合があります。最新バージョンにWindows 10を更新することをお勧めします:

  1. 設定を開きます。
  2. [更新とセキュリティ] をクリックします。
  3. 「アップデートの確認」ボタンをクリックしてください
  4. Windows 10のインストールと更新操作が完了すると、バッテリーアイコンが表示されるはずです。
.バッテリハードウェアを無効/有効にする
前述の2つの方法を試してもバッテリーアイコンが表示されない場合は、バッテリーハードウェアを無効にして有効にするだけで解決できます。

  1. スタートメニューを右クリックし、"デバイスマネージャ"に移動します
  2. バッテリーが見つかるまでリストをスクロールします。次に、展開します(アイコンの左側にある矢印をクリックして)
  3. 2つのオプションが表示されます。

    マイクロソフトのACアダプタ
    マイクロソフト ACPI 準拠の制御方式バッテリ。

  4. 「Microsoft ACアダプタ」を右クリックし、[デバイスの無効化]を選択します。警告が表示され、[はい]をクリックして確定します
  5. 次に、Microsoft ACPI 準拠の制御方法バッテリについても同じプロセスを繰り返します。
  6. 両方を無効にしたら、もう一度双方ともマウスの右ボタンでクリックし、[デバイスの有効化]オプションを選択します。
  7. 最後にコンピュータを再起動します