Win11stmenu
 最近、Msedgewebview2.exeプロセスがあまりにも多くのCPUパワーを消費し、暴走しているといった問題が多く発生しているようです。今回はMsedgewebview2.exeの暴走を止める方法をご紹介します。
Msedgewebview2.exeはWindows 11のリリースで導入され、開発者はさまざまなWebテクノロジ(HTML、JavaScript、CSS)をネイティブアプリに直接変換します。より正確には、他のアプリケーションやウィジェットがEdgeをそれらに統合できるようにします。通常、高いCPU使用率を発生させる原因はは、Edgeからロードされたウィジェットが原因となります。しかし、それ以外のシステムの破損やマルウェアなどの原因などさまざまな問題で高いCPU使用率になるようです。次の方法で修復を試みてください。

1.破損したシステムファイルを修復する
今回の問題は破損したシステムファイルを修正することから始めることをお勧めします。

  1. [スタート]ボタンをクリックし、Windows検索にcmdと入力します
  2. コマンドプロンプトを右クリックし、[管理者として実行]を選択します。
  3. ユーザー アカウント制御が表示されたら、[はい] をクリックします。
  4. 次のコマンド ラインを使用して、それぞれの後に Enter キーを押します。

    sfc /scannow
    DISM /Online /Cleanup-Image /CheckHealth
    DISM /Online /Cleanup-Image /ScanHealth
    DISM/Online /Cleanup-Image /RestoreHealth

  5. 完了したら、システムを再起動します。

2.ディスクの破損を確認する
 ディスク内の損傷したセクタが、原因不明のリソース使用量の急増の原因である可能性があります。修復方法は次の通りです。

  1. 上記のように管理者としてコマンドプロンプトを開きます。
  2. 新しいウィンドウで、次のコマンドを入力し、後に Enter キーを押します。

    chkdsk c:/f

    注:SSDをプライマリパーティションとして使用している場合は、chkdsk c:/f /r /xコマンドを使用してください

    チェックディスクを試します。
  3. エラーが表示された場合は、Yと入力し、コマンドプロンプトを閉じてコンピュータを再起動します。スキャンにはしばらく時間がかかり、コンピュータの起動時に結果が表示されます。

3.Microsoft Edge Webview2 コンポーネントを修復する.
次の方法でMicrosoft Edge Webview2 コンポーネントを修復してください。

  1. [スタート]をクリックし、[設定]を選択します。
  2. アプリ>アプリと機能に移動します。
  3. Microsoft Edge Webview2 エントリを見つけます
  4. [その他のオプション] を選択し、「修復」ボタンをクリックします。

4.マルウェア対策でシステムをスキャンする
 他の実行可能ファイルと同様に、Msedgewebview2.exe がハイジャックされたり、マルウェアに置き換えられたりする可能性があります。したがって、セキュリティソフトウェアでスキャンを実行して、そうではないことを確認することを強くお勧めします。スキャンは組み込みの Microsoft Defender も使用できますが、サードパーティ製のツールを使用してセカンダリ スキャンを実行することをお勧めします。

 サードパーティ製のウイルス対策ソフトウェアが既にインストールされている場合は、アンインストールして、状況が変わるかどうかを確認してください。

5.クリーンブートを試す
  1. Windows検索でmsconfigと入力し、Enterキーを押します
  2. [サービス]タブを選択し、[すべての Microsoft サービスを非表示にする] ボックスをオンにし、[すべて無効にする] を選択します。
  3. [スタートアップ]タブに移動し、すべてのエントリを右クリックし、[無効にする]を選択します。
  4. [ブート]タブに移動し、[セーフブート]にチェックマークを付け、[適用]をクリックして[OK]をクリックします。
  5. 再起動します。
  6. セーフブート環境内で問題がなくなった場合は、サードパーティのソフトウェアが問題の原因であることを意味します。問題のアプリを見つけるには、タスクマネージャを開き、各スタートアップエントリを1つずつ有効にします。
6.ウィジェットの無効化
ウィジェットのコンポーネントを設定では無効にすることはできませんが、代わりにレジストリ編集を使用して無効にします。念のため編集する前にレジストリをバックアップしてください(レジストリエディタで[ファイル]>[エクスポート]をクリックします)

  1. Win + Rを押し、regeditと入力してEnterキーを押します
  2. ユーザー アカウント制御が表示されたら、[はい] をクリックします。
  3. 次に、次の場所に移動します:
  4. HKEY_CURRENT_USER\\Software\\Microsoft\\Windows\\CurrentVersion\\Explorer\\Advanced
  5. ウィンドウの右側で、TaskbarDaを見つけてダブルクリックします。
  6. 「値データ」フィールドに「0」と入力し、「OK」をクリックします。