DLLIMG
Windows 11 / 10 / 7でLibcurl.dllが見つからない、見つからない、またはプログラムの起動時にプログラムを起動できない場合の修正方法をご紹介します。
 libcurl.dll は、Windows 上でプログラムを適切に動作させるためのダイナミックリンクライブラリで、libcurl 共有ライブラリの品種に属します。

 libcurl ライブラリ.dllは多くのプログラムで使用されていますが、通常は CURL コマンドラインツールで URL を使用してデータを転送するために使用され、HTTP、FTP、SCP などの異なるプロトコルを介して多くの異なるサーバーと対話できます。

1. アンチウイルスによるLibcurl.dllをブロックする
 プログラムからダウンロードされた場合、または公式サイトからダウンロードされていない場合は、ウイルス対策ソフトウェアがこのファイルをブロックしている可能性があります。アンチウイルス設定で、「隔離」セクションを確認し、libcurl.dllがある場合は、ウイルス対策例外に追加して隔離から復元します。

 プログラムのインストール中にエラーが表示された場合は、Windows Defenderを一旦無効にしてみてください。

2. システムとディスクの整合性を確認する
 破損したシステムファイルやディスク上の不良セクタは、Libcurl.dllが見つからない場合や見つからない場合など、Windows 11 / 10 / 7でさまざまなエラーを引き起こす可能性があります。破損したシステムファイルとディスク上のエラーを修正します。

管理者としてコマンドプロンプトを実行し各コマンドを入力します。

chkdsk c: /f /r
sfc /scannow
DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth
chkdsk C: /f /r

3. ダウンロード Libcurl.dll for Windows
Libcurl ライブラリ.dll は CURL プログラムの一部であり、bin フォルダから元のファイルをダウンロードして取得できます。
下記の公式サイトにアクセスします。


x64とx32をダウンロードします。
ZIPを抽出します。
2 つの x64 および x32 アーカイブの抽出された ZIP には.dllパス curl-7.83.1_3-win64-mingw\bin\ の下に Libcurl ファイルがあります。
次に、これらのファイルをコピーして、次の 2 つの方法で貼り付けます。

Libcurl.dll x64 insert at C:\Windows\SysWOW64
Libcurl.dll x32 insert at C:\Windows\System32
または、ファイルをプログラムまたはゲーム自体のフォルダーのルートに配置することもできます。

Libcurl.dll x64 insert at SysWOW64 path

次に、ライブラリー・データをシステムに登録する必要がある場合があります。これを行うには、Win + Rを押して次のように入力します。

regsvr32 C:\Windows\System32\Libcurl.dll
regsvr32 C:\Windows\SysWOW64\Libcurl.dll