kyuusi
 Windows 10には、休止状態、スリープ、またはハイブリッドモードを含む、複数の省電力モードがあります。休止状態はシステムを完全にシャットダウンしたくないが、電源をOFFにした場合に使用されます。しかし、休止状態を使用している場合、Windows 10を起動するときにエラーが発生する場合があります。この場合の修正方法をご紹介します。
1.まずは電源を強制的に切る
 休止状態からの起動中に復元データが破損していることを知らせるエラーが表示された場合は、電源ボタンを使用して電源を切ります。まずは、PC再起動させWindowsniログインすることが前提となります。電源ボタンをシャットダウンするまで数秒間押し続けます。 その後、もう一度電源を押すとPCが立ち上がり、問題なくWindows 10で起動できるはずです。 ただし、この状態ではファイルの破損は修正されていないため、次の手順に従って進めてください。

2.一時的な休止状態を無効にして“ hiberfil.sys”ファイルを削除する
休止状態を無効にしてから再度有効にすることで休止状態で書き込んでいるファイル領域を新たに作成することができます。 そのファイルに使用されているのが” hiberfil.sys”ファイルで、、Windowsがメモリに書き込むファイルとなります。このファイルのサイズが巨大であるため、破損してしまう場合があります。

“ hiberfil.sys”を削除するには休止状態を無効にすることによって自動的に削除されます。それによって、ファイル領域が解放され、新たに休止状態を有効にすることによって新しくスペースを確保します。

Windows 10で休止状態モードを無効にしてから再度有効にする方法は次のとおりです。
  1. 管理者としてコマンドプロンプトを開きます。
  2. コマンドラインに次のコマンドを入力して、Enterキーを押します。
  3. powercfg -h off
  4. コマンドプロンプトを閉じて、PCを再起動してください。
  5. もう一度コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
  6. powercfg -h on

 これで休止状態がきちんとなるか確認してみてください。もしこの方法でもエラーが出る場合はディスクの破損が考えられます。その場合は次の方法で修復を行ってみてください。

注意:)以下の方法はハードディスク(HDD)のメディアの場合のみ行ってください。SSD使用の場合は絶対に行わず、SSDの修復ツールを使用してください。

  1. 管理者としてコマンドプロンプトを開きます。
  2. コマンド行にchkdsk / f / rと入力して、Enterキーを押します。
  3. ツールがスキャンし、起こりうるHDDエラーを解決するまで待ってから、PCを再起動してください。