FIREWALL
 Windows ファイアウォールは、さまざまな脅威やその他の悪意のあるオンライン攻撃から保護するセキュリティ機能ですが、本来あるべき方法で何らかのアプリが急に動作しない場合は、悪意のあるプログラムなどによって意図的にファイヤーウォールの設定が変更されてしまった可能性があります。
 このような場合は、デバイスに問題があるため、Windowsファイアウォール設定を復元またはリセットすることができます。今回はファイアウォール構成を既定値にリセットする方法について説明します。

 Windows ファイアウォールの設定を既定の状態にリセットすると、特定のアプリの条件も削除されます。その結果、アプリケーションが動作を停止したり、適切なアクセス許可の提供を求めるメッセージが表示されたりすることがありますので注意してください。


1.設定アプリから
 設定アプリでWindowsファイアウォールをリセットするには、以下の手順に従ってください -

  1. [スタート]ボタンをクリックし、歯車の[設定]アイコンを選択します。
  2. [更新とセキュリティ] > [Windows セキュリティ] を選択します。
  3. [保護領域] で、[ファイアウォールとネットワーク保護] オプションを選択します。
  4. 下にスクロールして、[ファイアウォールをデフォルトに復元]リンクを選択します。
  5. 「デフォルトを復元」ウィンドウ内で、「デフォルトを復元」ボタンをクリックします。
  6. 確認ウィンドウがポップアップしたら、[はい]ボタンを選択します。
2.コントロールパネルの使用
コントロールパネルからMicrosoft Defenderファイアウォールをリセットするには、以下の手順を使用します。

  1. コントロールパネルを開きます。
  2. [システムとセキュリティ> Windows Defender ファイアウォール] を選択します。
  3. 左側のナビゲーションペインから、[デフォルトの復元]リンクをクリックします
  4. 次に、[デフォルト>復元]をクリックします。
3.高度なセキュリティを通じて
高度なセキュリティを使用してデフォルトのファイアウォール設定を復元するには、以下の手順を使用します。

  1. [スタート]ボタンをクリックし、「セキュリティが強化されたWindows Defenderファイアウォール」と入力します。
  2. 次に、上位の結果を選択して開きます。
  3. 画面の左端から、ローカル コンピューターでセキュリティが強化された Windows Defender ファイアウォールを右クリックし、[既定のポリシーの復元] オプションを選択します。
  4. 画面に警告メッセージがポップアップ表示された場合は、それを無視して[はい]ボタンをクリックします。
  5. OKボタンをクリックしてウィンドウを終了します。
4.Windows PowerShell の使用
PowerShellコマンドを使用してファイアウォール設定をリセットするには、以下の手順に従ってください -

  1. PowerShell を管理者として開きます。
  2. PowerShell ウィンドウで、次のコマンドを入力します。

    (New-Object -ComObject HNetCfg.FwPolicy2).RestoreLocalFirewallDefaults()

  3. Enter キーを押して、Windows ファイアウォールの設定をリセットします。これにより、現在のファイアウォール設定が削除され、元の設定に復元されます。
5.コマンドプロンプトから
コマンドプロンプトを使用してWindows 10ファイアウォール設定をデフォルトに復元するには、次の手順を使用します。

  1. 管理者としてコマンドプロンプトを開きます。
  2. コマンドプロンプトウィンドウで、以下のコマンドを入力します。
  3. netsh advfirewall reset
  4. Enter キーを押して、Windows 10 のファイアウォール設定をリセットします。