Win11stmenu
 8月のアップデートでWindows 11に最近のアップデートKB5016629をインストールした後、BitLocker 回復プロンプトでブートが失敗するなどのブルースクリーンエラーが多発しています。次の方法で修正を試みて下さい。
 2022 年 8 月のパッチ火曜日、マイクロソフトはスタンドアロンの KB5012170 「セキュア ブート DBX のセキュリティ更新プログラム」をリリースし、脅威アクターが Windows セキュア ブート機能をバイパスして署名されていないコードを実行するために使用できるさまざまな UEFI ブートローダーに見られる脆弱性を解決しました。
これらの脆弱性を修正するために、マイクロソフトは脆弱な UEFI ブートローダーを読み込むために必要な証明書を UEFI 失効リスト (セキュア ブート禁止署名データベース (DBX) に追加し、セキュア ブートでの使用を禁止しました。
ただし、デバイスに有効なブートローダーがない場合、KB5012170アップデートをインストールしようとすると、0x800f0922エラーが生成され、インストールが完了しなくなります。
マイクロソフトは、デバイスの製造元から更新されたUEFIファームウェアを確認することで、このエラーを修正できると述べています。



1.キーの回復を試行します。
まず、会社に所属している職場のコンピューターを使用している場合は、管理者権限を持っていない可能性があります。したがって、その場合は、管理者に問い合わせることをお勧めします。管理者から BitLocker 回復キーが提供される場合があります。

Windows コンピューターが個人用のものである場合は、次のようなキーを取得する別の方法があります。

別のコンピューターを使用してMicrosoftアカウントにサインインします。 https://account.microsoft.com/devices/recoverykey のWebアドレスに移動すると、KEYが見つかります。アカウントの詳細を必ず覚えておいてください。そうでない場合は、メールにアクセスできる限り、アカウントを簡単に復元できます。
Azure AD アカウントには、以前に学校または職場の電子メールでサインインしていた場合、BitLocker キーを格納できます。
たとえば、BitLocker のセットアップ時にパスワードを使用してテキスト ファイルを保存できた場所であればどこでも、USB または同様のストレージ デバイスに保存しておくことができます。


2.セーフモードにアクセス
 通常の方法でセーフモードにアクセスできるかどうかを確認する必要があります。次の手順に進みます。
  1. ウィンドウズを再起動します。
  2. システムが起動し始めたら、電源ボタンを長押しして起動を中断します。これをさらに2回実行します
  3. 3回目の起動でWindowsは自動的に高度なスタートアップモードに入ります
  4. [スタートアップ設定]>[再起動]>[詳細オプション]の[トラブルシューティング]を選択します。
  5. スタートアップの設定で、4/F4または5/F5を選択してセーフモードにアクセスします。
  6. セーフモードにアクセスできる場合は、コントロールパネルから障害のあるアップデートをアンインストールできるはずです。
  7. Windows検索で「コントロールパネル」と入力し、Enterキーを押します。
  8. [プログラム]>[プログラムのアンインストール]に移動します。
  9. [インストールされた更新プログラムの表示] をクリックします。
  10. 更新プログラムを日付で並べ替え、KB5016629 を見つけてアンインストールします。
  11. システムを再起動します。
3.メディア作成ツールの使用
メディア作成ツールを使用してコンピューターを修復できる場合がありますが、そのためには別の PC が必要です。USBドライブ8GBの容量のものを用意してください。

  1. マイクロソフトの公式Webサイトにアクセスし、Windows 11インストールメディアをダウンロードしてください
  2. インストーラーをダブルクリックし、UAC が表示されたら [はい] を選択します。
  3. 規約に同意します
  4. 別のPCオプション用にインストールメディア(USBフラッシュドライブ、DVDまたはISOファイル)を作成し、[次へ]をクリックします。
  5. 「この PC に推奨オプションを使用」チェックボックスを選択し、「次へ」をクリックします。
  6. ISOファイルを選択し、[次へ]をクリックします。
  7. ISOを準備したら、トラブルの起こっているPCにUSBを挿します。
  8. コンピュータを再起動し、F8、F10、F12、Del、またはBIOSにロードできるボタンをすばやく押します
  9. ここでは、[ブート]セクションに移動し、ブート優先順位をフラッシュドライブに設定します
  10. システムを再起動します。
  11. システムが再起動し、オプションの選択画面が表示されたら、[トラブルシューティング]オプションを選択します。
  12. [詳細オプション]を選択し、[スタートアップ修復]を選択します。
  13. システムは起動時の問題の修復を試み、数回再起動します。
  14. [オプションの選択] に移動し、[トラブルシューティング] を選択します。
  15. [詳細オプション] を選択し、[更新プログラムのアンインストール] を選択します。
  16. KB5016629 更新プログラムを選択して削除します。