EXPERR
 コンピュータの起動時に起こる最も厄介なエラーの1つは、黄色の感嘆符が付いた空のメッセージのexplorer.exeのエラーです。このエラーの修正方法をご紹介します。

 このエラーが起こる原因の多くはマルウェアを駆除した後にexplorerが存在しないマルウェアファイルを指している場合に起こります。そのため、レジストリでこの存在しない値を削除することによって問題が解決します。方法は次の通りです。


  1. スタートメニューを右クリックし、[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを表示します。
  2. 「regedit.exe」と入力し、管理者権限で実行します。
  3. [レジストリエディタ]ウィンドウで、次のレジストリの場所に移動します。

    コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Windows

  4. この中の「Load」というキーに値が入っていますのでこれを空白にします。
  5. レジストリエディタを終了します。