CMDIMG
 今までのWindowsのコマンドプロンプトではコマンドをコピー・貼り付けができませんでしたが、Windows10から出来るようなりました、同時にCTRL +CおよびCTRL +Vコントロールキーの組み合わせを使用できるようになりましたが、一部のユーザーからは出来ないといった声が聴かれます。今回はコマンドプロンプトでCMDでのコピー/貼り付けのCTRL + C / CTRL + Vを有効/無効にする方法をご紹介します。
 まず、コマンドプロンプトを管理者モードで起動する必要があります。これを行うには、Windowsサーチにcmdと入力し始めます。検索結果で、[コマンドプロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]オプションを選択します。これにより、コマンドプロンプトが管理者モードで開きます。

 コマンドプロンプトのタイトルバーを右クリックします。展開するオプションのリストから[プロパティ]オプションをクリックします。
CMDPRO

 これにより、[コマンドプロンプトのプロパティ]という名前の新しいウィンドウが開きます。最初のタブは [オプション] タブです。
 このタブの下で、[Ctrlキーショートカットを有効にする]オプションに対応するチェックボックスがデフォルトで有効になります。ただし、コントロールキーのショートカットを使用してコピーして貼り付けることができない場合は、[Ctrlキーショートカットを有効にする]チェックボックスが無効になっていますのでチェックボックスをオンにするだけですCtrlキーショートカットを有効にすることができます。
 完了したら、[OK]ボタンを押します。それだけです。