office
 Microsoft OfficeはどのバージョンのWindowsでも最も広く使用されているプログラムで仕事にも欠かせません。時々開くのが非常に遅くなる場合があります。これは、プロジェクトの作業中にイライラする可能性がありますが、Officeドキュメントをより速く開く方法があります。次の方法を試してみてください。

1.ワードファイル
  1. MS Wordを開き、ドキュメントの左上にあるタブをクリックします。
  2. 「ファイル」タブをクリックし コンテキストメニューの「オプション」をクリックします。
  3. パネルの左側にある「詳細設定」タブをクリックし パネルの右側にある「全般」カテゴリまで下にスクロールし、「文書を開いたときにリンクを自動的に更新する」オプションのチェックを外し、OKを押します。
  4. 「OK」を押すと、変更が保存され、Wordドキュメントに戻ります。次に、「ファイル」、「オプション」の順にクリックして、もう一度「Wordのオプション」ウィンドウにアクセスします。
  5. ダッシュボードの左側で、ダッシュボードの右側にある 「セキュリティ センター」 をクリックし、「セキュリティ センターの設定」 ボタンをクリックします。
  6. 「セキュリティ センター」 ウィンドウ左側のウィンドウで 「保護されたビュー」 をクリックし、右側のウィンドウで 「保護されたビュー」 カテゴリのすべてのオプションをオフにし、OKを押します。
  7. もう一度「ファイル」 「オプション」をクリックし、ウィンドウの左側にある「マクロ設定」をクリックし、パネルの右側にある「マクロ設定」をクリックし、「通知なしですべてのマクロを無効にする 」オプションの横にあるラジオボタンをクリックします。次に、「OK」ボタンを押して変更を保存し、終了します。

2.エクセル

  1. ワードのときと同様に「オプション」を開きます。
  2. パネルの左側で、パネルの右側にある 「詳細設定」 をクリックし 、「全般」 カテゴリ  「リンクの自動更新を確認する」 チェックボックスをオフにします。OKを押して保存し、終了します。
  3. ワードの場合と同様に、ステップ4からステップ6までの手順を繰り返します。


3.ドライブの設定でOffice同期をオフにする
  1. タクスバーのOneDriveアイコンを右クリックし、「設定」をクリックします。
  2. 「オフィス」 タブをクリックします。
  3. 「Officeを使用してファイルを同期する」オプションのチェックを外します。
  4. OKをクリックします。