Win10
 Windows 10/11ではファイルエクスプローラーのアドレスバーを使用するだけで、さまざまなコマンドを実行し、さまざまな場所やユーティリティにアクセスする機能があるのをご存じでしたでしょうか。今回はこの機能をご紹介します。
 まずはファイルエクスプローラーを開いてください。「notepad」とアドレスバーに入力すると、「メモ帳」が開きます。また「cmd」と入力すると、コマンドプロンプトが開きます。
 次に、アドレスバーに「ダウンロード」と入力すると、「ダウンロード」フォルダが開きます。
 このようにMicrosoftはファイルエクスプローラーで直接使用できる多数のコマンドを導入しております。必要に応じて使用するコマンドをアドレスバーに入力してEnterキーを押すだけ実行できます。

場所のショートカット
下記の場所のショートカットを使用すると、これらの場所にすばやくアクセスできます。

  • ドキュメント-ドキュメントフォルダ
  • ダウンロード-ダウンロードフォルダ
  • 画像:画像フォルダ
  • ビデオ-ビデオフォルダ
  • コントロール-コントロールパネル
  • お気に入り-お気に入りフォルダ
コマンド
基本的に、Windowsにはさまざまな場所からさまざまなユーティリティを起動できるさまざまなコマンドがあり、最も用途の広いのはコマンドプロンプトです。ただし、コマンドプロンプトにもどこかからアクセスする必要があるため、ショートカットがたくさんあると、クラッシュ、ソフトウェアクラッシュ、感染ファイルなどの複雑な状況で役立ちます。ファイルエクスプローラーに入力して、いくつかの異なるツールやプログラムにアクセスできるコマンドを次に示します。

  • calc-電卓を開く
  • cleanmgr- オープンディスククリーンアップ
  • compmgmt.msc- コンピュータ管理を開く
  • devmgmt.msc- デバイスマネージャを開く
  • iexplore- Internet Explorer を開く
  • magnificar-拡大鏡を開く
  • mip-数学入力パネル
  • msinfo32- システム情報の表示
  • dxdiag - Directx 診断ツール
  • osk- オンスクリーンキーボード
  • narrador - オープン ナレーター
  • regedit-レジストリエディタを開く
  • taskmgr- タスクマネージャ
  • wmplayer - ウィンドウズメディアプレーヤー