bluestacks
 BlueStacksは、Windows PCでAndroidゲームやアプリをプレイできるWindows用の有名なAndroidエミュレータです。Windows PCでAndroidのゲームやアプリをプレイしたい場合は、BlueStacksが最適です。BlueStacksは、Androidデバイスと同様に、BlueStacksはお気に入りのプログラムをダウンロードできるGoogle Playストアを提供しています。
 ただし、BlueStacksにも欠陥があり、最も厄介なのは、Windows11でクラッシュしてしまうことです。これにはさまざまな要因があります。今回はBlueStacksがクラッシュまたはフリーズする場合の修正のヒントをご紹介します。

 クラッシュの原因はいくつかありますが、ほとんどはソフトウェアの破損または古いバージョンを使用している場合に起こりますWindowsでBlueStacksがクラッシュする問題を解決するのに役立ついくつかの方法をを提供してきます。


ブルースタックがクラッシュまたはフリーズする原因

1.古いバージョンや破損したインストールファイルを使用
 前述のように、Windows11でBlueStacksがクラッシュする原因がいくつかある可能性がありますが、その中の多くは古いバージョンのBlueStacksまたは破損したインストールファイルによってクラッシュの問題を引き起こすことがあります。最新のBlueStacksバージョンをお持ちの場合でも、再度ダウンロードしインストールすることをお勧めします。アプリを再インストールすると、問題の原因であるすべての破損したファイルが削除されます。再インストールするには、まずBlueStacksをアンインストールしてから、最新バージョンで再インストールすることをお勧めします。


2.GPUドライバが古い

 グラフィックドライバーを最新の状態にしていないとBlueStacksだけでなく、グラフィック指向のプログラムがWindows11で失敗する可能性があります
 GPUドライバを更新するには、いくつかの方法があります。インテル、NVIDIA、AMDなどのデバイスメーカーのWebサイトにアクセスし、グラフィックドライバを見つけて、最新のインストールをダウンロードします。その後、インストーラーを実行し、画面の指示に従ってドライバーのインストールを完了します。また、Windows Updateを使用してグラフィックドライバを更新することもできます。使用しているWindowsがすべて最新であることを確認してください。


1.Hyper-Vが有効になっている
 BlueStacksはHyper-Vを有効にしているとBlueStacksが開かない場合があります。その場合はHyper-Vを無効にすることによって解決できまます。

2.アンチウィルスソフトによる原因
 ノートンやAVGなどのサードパーティのアンチウイルスは、BlueStacksとWindows11の間の障壁として機能する可能性があり、その結果、クラッシュの問題が発生する可能性があります。このケースが発生した場合は、一旦ウイルス対策を無効にしてみると問題が解決します。

3.RAM容量の不足
 BlueStacksは、正しく機能するために多くのRAM容量を使用します。PCで実行されるアプリケーションが多すぎて、RAMを大量に使用していると正しく動作しない可能性がありますすべてのバックグラウンドアプリを閉じてRAMを解放すると、問題を解決できます。