PCERR
 Windows 10および11には、最も一般的なシステムの問題を修正するための組み込みの修復およびトラブルシューティングツールがバンドルされています。展開イメージングサービス管理 (DISM) ツールは、PC 上の重大な Windows エラーを見つけて修正できる高度なシステム修復ツールで、コマンドラインで実行することができます。DISMは定義済みのコマンドと共に使用して、修復、オプション機能のアンインストールと再インストールなどさまざまなタスクを実行できます。
 このDISMコマンドを実行しようとすると、「DISMエラー87:パラメーターが正しくありません」というメッセージが出る場合があります。この場合の修正方法をご紹介します。
DISMエラー87が表示される場合、多くの場合、DISMエラー87の後にエラーメッセージが表示されます。

パラメーターが正しくありません。
オプションは不明です。


1.管理者権限のコマンドプロンプトでコマンドを実行

 DISMコマンド ライン ツールを使用するには、管理者権限でコマンドを実行する必要があります。次の手順に従って、管理者としてコマンドプロンプトを開き、コマンドを実行します。

Winキーを押してcmdと入力します。
次に、[コマンドプロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]を選択します。
次に、DISMコマンドを実行して、エラーが解決されるかどうかを確認します。

2.誤ったコマンドを入力していないか


 誤ったコマンド形式の使用は、DISM 87エラーの一般的な原因です。ドキュメントからコマンドをコピーした場合は、コマンド間の間隔が正しいことを確認してください。

例)DISM クリーンアップ - イメージ コマンドを実行する場合は、次のようになります。

DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

 各スラッシュの前にスペースが必要であることに注意してください。

次のように入力するとエラーになります。

DISM.exe /Online/Cleanup-image /Restorehealth

この場合、/Cleanup-imageの前にスペースが入っていないため、エラーになります。



3.ウィンドウズアップデートを確認

 ウィンドウズアップデートで保留中の更新があるかどうかを確認します。更新はパフォーマンスの向上とOSのバグ修正をもたらします。重要なアップデートが利用可能かどうかを確認し、インストールして、エラーの修正に役立つかどうかを確認します。
 保留中の更新があるかどうかを確認する場合は

Win + Iを押して[設定]を開きます。
左側のウィンドウで [Windows の更新プログラム] タブを開きます。
Windowsは保留中の更新をチェックし、利用可能な場合はそれらを表示します。そうでない場合は、[更新の確認]をクリックして保留中の更新を見つけます。
[ダウンロードとインストール]をクリックしてアップデートを適用し、PCを再起動します。

4.Windowsの修復インストールを実行

 修復インストールは、PCからアプリやデータを削除せずにWindowsOSを再インストールするのに役立ちます。これは、既存のファイルやアプリを削除せずに新しいバージョンのOSを再インストールできるWindowsアップグレードのように機能します。

 アップグレードが機能しない場合、Windowsコンピューターを出荷時設定にリセットしてみてください。リセットオプションを使用すると、データを保持してOSを再インストールすることを選択できます。ただし、出荷設定にすると、すべてのサードパーティアプリが削除されます。