WARIKOMI02
 高いCPU使用率に悩んでおり、ほとんどのリソースを占有するプロセスが「システム割り込み」の場合があります。
「システム割り込み」のプロセスが高いCPU使用率を引き起こしている場合は、ハードウェアまたはドライバーの問題に対処している可能性があります。
 今回は、システム割り込みとは何か、およびシステム割り込みの高いCPU使用率の根本的な原因を見つけて修正する方法について説明していきます。


「システム割り込み」とは何か?

 システム割り込みは、タスクマネージャにWindowsプロセスとして表示されておりますが、実際にはWindowsのプロセスではありません。下位のレベルで発生するすべての割り込みのCPU使用率を表示しております。この割り込みは、CPU自体を含むソフトウェアまたはハードウェアから発生します。
 割り込みは、プロセッサが実行している現在処理の中断を必要とする優先度の高い処理が発生した場合に、CPUに警告します。CPUは、現在の処理を一旦を中断し、状態を保存し、割り込みハンドラーと呼ばれる関数を実行してイベントを処理することで処理することを応答します。割り込みハンドラ タスクが完了すると、プロセッサは中断された状態を再開します。割り込みは、ソフトウェアおよびハードウェアとCPUとの通信の一つの形態となります。

 例えば、キーボードで文字などを入力すると、それぞれのハードウェアとソフトウェアがCPUに割り込みを送信して、入力の処理をトリガーします。また、割り込みは、エラーが発生したことをCPUに通知することもでき、これによりシステム割り込みのCPU使用率が急上昇する場合もあります。
 正常なシステムでは、システム割り込みは通常CPU使用率の 0.1% から2%の間で推移し、ピーク時には3%から7%となる場合もありますが、この範囲だと正常範囲内と見なすことができます。ただし、パソコンの性能によっては一瞬ですが20%以上超える場合もありますが、その状態が続いていない限りでは正常とみなしても良いでしょう。

 ただし、システム割り込みが何も操作していなくても、絶えずCPU使用率が5%から10%以上を占有している場合は、何かが問題があり、その多くはハードウェアの問題に対処している可能性があります。

 まず最初に行うことは、コンピューターを再起動することです。保留中のWindowsアップデートがある場合は、それらをインストールします。また、特に注意したい場合は、マルウェアとウイルスのスキャンを実行して、マルウェアの駆除を行います。これらの基本的な対策のいずれも役に立たない場合は、次のことを確認してください。


1.すべての外部デバイスを取り外すか無効にします
 USBハードウェアによるものが多くの一般的な原因となっております。まずは、使用していない外部USBデバイスを取り外すか、デバイスマネージャーでUSBルートハブを無効にすることで解決できる場合があります。ただし外付けキーボードまたは USB マウスを使用している場合は、それらが機能しなくなることがあります。USBルートハブを無効にする場合は注意して行ってください。

 また、自作パソコンなどのデスクトップ コンピューターの場合、マザーボードに未使用のSATAケーブルが接続されている場合にも発生します。その場合は未使用のSATAケーブルを取り外します。

2.ハードウェアドライバーを確認します
 グラフィック・サウンドドライバーの問題によって引き起こされているかどうかをすばやく確認するには、DPC Latency performance を実行します。


DPC Latency performance入手先(softpedia)

https://www.softpedia.com/get/System/System-Info/DPC-Latency-Checker.shtml

 遅延プロシージャ コール (DPC) は、システム割り込みに関連するプロセスです。割り込みハンドラーは、優先度の低いタスクを後で延期する必要がある場合は、DPC を呼び出します。

 DPC 待機時間チェッカーは、カーネルモードデバイスドライバーの待機時間を確認することで、システムがリアルタイムのオーディオまたはビデオ ストリーミングを適切に処理できるかどうかを分析するように設計されています。これによって問題を明らかにすることができる簡単な方法であり、このツールはインストールする必要はありません。

 赤いバー、つまり待ち時間が長いことによるドロップアウトが表示されている場合は、ドライバの設定値の何かがオフになっている可能性があります。


 Latency performanceを使用すると、コンピューターのリアルタイム(ストリーミング)機能を確認できます。
原因を特定するか、問題がWindowsの更新後最初に発生した場合は、最近のドライバーの更新(Windows 10)をロールバックするか、ドライバーを標準バージョンに更新することができます。

 また、待機時間モニターである LatencyMon をインストールして実行し、DPC数が最も多いドライバーファイルを見つけることもできます。

 LatencyMonの入手先

https://www.resplendence.com/latencymon


 スタート/再生ボタンを押してから、「ドライバー]タブに切り替えて、ドライバーファイルをDPC数で並べ替えます。カウントは時間の経過とともに蓄積されるため、しばらく実行してください。


DPC数が多いドライバーは、多数の中断を引き起こしており、そのドライバが原因となっています。



3.内部デバイスを無効にします
 ドライバーをランダムに更新するのではなく、まずは個々のデバイスドライバーを無効にして原因を見つけることから始めます。このドライバだと特定している場合は、最初にそれらを無効にします。

 「スタート]メニューに移動し、デバイスマネージャー(コントロールパネルにもあります)を検索して開き、以下にリストされている周辺機器を展開し、デバイスを右クリックして、「無効にする]を選択します。

 1つのデバイスに対してこれを実行し、システム割り込みの CPU 使用率を確認するか、DPC 待機時間チェッカーを再実行してから、デバイスを右クリックして 「有効] を選択してから、次のデバイスに進みます。


特に次のデバイスが最も可能性の高いデバイスとなります。

ネットワーク アダプター
内蔵モデム
内部サウンドデバイス
TV チューナー カード、
ISDN または DSL アダプター
モデムなどのアドオン カード


 ただしこの操作では、システムの実行に必要なドライバ(コンピュータ、プロセッサ、およびシステムデバイスなどは無効にしないでください。また、ディスプレイアダプター(ビデオカードアダプター)、システムを実行するディスクドライブ、IDEコントローラー、キーボードまたはマウス (タッチパッドなどの代替入力デバイスがある場合を除く)、またはモニターなども無効にしないでください。

4.障害のあるハードウェアを除外する
 ハードウェアの障害も同様です。その場合、ドライバーを更新しても問題は解決しません。ただし、デバイス全体を無効にすると修正された場合は、ハードウェアの障害についてPCをテストする必要があります。システム割り込みは、電源またはノートパソコンの充電器の障害によっても発生する可能性があります。それも交換またはプラグを抜いてみてください。

5.効果音を無効にする
 Windows7を使用している場合は、効果音を無効にすることによって解決できる場合もあります。。

 システムトレイのスピーカーアイコンを右クリックし、「再生デバイス]を選択し、デフォルトのデバイス(スピーカー)をダブルクリックして「プロパティ]を開き、「拡張機能]タブに移動して、「すべての効果音を無効にする]に移動します。OKで確認し、システム割り込みが現在どのように機能しているかを確認します。

6.BIOSを更新します
 BIOSは、コンピュータの電源を入れたときにシステムが実行する最初のソフトウェアです。まず、BIOSバージョンを確認し、製造元のWebサイトでアップデートとインストール手順を確認します。

 BIOSバージョンを確認するには、Windowsキー+ Rを押し、cmdと入力し、Enterキーを押して、次の2つのコマンドを次々に実行します。

systeminfo | findstr /I /c:bios
wmic bios get manufacturer, smbiosbiosversion

/I の I は大文字の i であり、小文字の L ではないことに注意してください。


 BIOSの更新は非常に危険です。必ず最初にシステムをバックアップしてください。また、更新時は必ずメーカーサイトで手順を確認し、実行時はすべての外部デバイスを取り外してください。



システム割り込みは扱いにくい場合があります
システム割り込みには多くの原因があります。上記の手順でコンピュータを再起動しましたか?問題を解決できたことを願っています。それでもCPU使用率が高い場合は、問題を引き起こす可能性のある他のプロセスも確認する必要があります。