MALWA
 最近ネット上では、ソフトウェアクラックや偽のキージェネレーターの人気が高まっています。これらのツールを使用すると、ユーザーは、通常はかなりの費用がかかるサードパーティソフトウェアのライセンスを非倫理的にアクティブ化することができます。これらのツールはサードパーティのWebサイトで無料で入手でき、多くのインターネットユーザーはプレミアムソフトウェアを無料で入手する方法を常に模索しているため、ハッカーはそれらを使用してマルウェアを拡散します。したがって、ハッカーはマルウェアをキージェネレーターにバンドルし、ユーザーがそのようなプログラムをデバイスにダウンロードしてインストールすると、被害者は無意識のうちにウイルスの侵入を許可します。悲しいことに、この被害のすべては被害者の同意を得て起こっており、Win32 / Keygenウイルスは、同様の偽のキージェネレーターの助けを借りて、被害者のデバイスにも侵入します。

HackTool:Win32/keygenが深刻な脅威である理由は何?

 HackTool:Win32/keygenマルウェアは、深刻な脅威レベルでMicrosoft Defenderなどのセキュリティソフトによって危険なプログラムとして分類されています。このマルウェアは、キージェネレーターまたはアクティブ化したソフトウェア内に実行可能ファイルを自動的に作成する機能があるため、深刻な脅威をもたらします。この種のファイルを見つけるのは難しく、これらのファイルが削除されるまで感染がデバイスに残ります。Microsoft Defenderなどは多くの場合、この脅威を検疫するため拡散する能力は制限されますが、自動的にこのHackTool:Win32/keygenを削除することはできません。したがって、スキャンを実行するたびにデバイスで見つかる場合があります。デバイスからマルウェアを完全に削除する唯一の方法は、手動で削除するしかありません。

使用しているデバイスからHackToolを削除する方法:Win32 / Keygenウイルス

使用しているデバイスからHackTool:Win32 / Keygenウイルスを削除したい場合、次の手順を1つずつ実行する必要があります。

1.まず、感染ファイルを削除します

 ほとんどの場合、マルウェアは、Windows Defender が検出してユーザーに警告する一部のファイルに感染します。検出された脅威が表示される保護履歴で、感染したファイルの名前と場所を確認できます。したがって、最初に感染したファイルを削除する必要があります。これを行うには、次の手順に従います。

Windows Search で Windows Security を検索し、Windows セキュリティ アプリを開きます。
次に、左側のサイドバーで[保護履歴]をクリックします。
Windows セキュリティ アプリで保護履歴を開く
HackTool:Win32/Keygen の脅威ダイアログを表示します。
HackTool_Win32_Keygen 保護履歴のマルウェア脅威ダイアログ
脅威が検出された場所をメモします。
ファイルエクスプローラーに貼り付けます。
感染ファイルを削除します。

ほとんどの HackTool:Win32/Keygen に感染したファイルは Windows の一時フォルダにあります。したがって、感染していないものも含め、Windowsのすべての一時ファイルを削除することをお勧めします。

2.原因のソフトウェアを削除

次に、ソフトウェアをアクティブにするために使用したキージェネレータソフトウェアまたはクラックを削除する必要があります。これを行うには、次の手順に従います。

Windows の検索ボックスに「コントロール パネル」と入力します。
コントロールパネルアプリを開きます。
[プログラムと機能]に移動します。
インストールしたキージェネレータソフトウェアを見つけます。
見つけたら、右クリックして[アンインストール]を選択します。



3.メインソフトウェアから疑わしいファイルを削除します
 クラックまたは偽のキージェネレータを使用してソフトウェアをアクティブ化すると、ソフトウェアファイルが変更され、ソフトウェアがアクティブ化されたかのように表示されます。使用しているクラックによっては、ソフトウェアフォルダーに悪意のあるファイルが追加され、プレミアム機能がアクティブなままになる場合があります。したがって、キージェネレータソフトウェアを削除するだけではあまり役に立たない場合があります。マルウェアを根絶するには、これらの余分な悪意のあるファイルをメインのソフトウェアフォルダーから削除する必要があります。ほとんどの悪意のあるファイルはフォルダに隠されているため、最初にそれらを再表示する必要があります。これを行うには、[表示] タブをクリックし、[表示] メニューを展開して、[非表示のアイテム] をクリックします。


[表示]、[表示]、[非表示のアイテム]の順にクリックして、IconCacheファイルを表示します
その後、次の手順に従って、最近アクティブ化されたソフトウェアからマルウェアファイルを削除します。

ファイルエクスプローラーを開きます。
クラックまたはキージェネレータを使用したソフトウェアのインストールフォルダを開きます。
そのファイルとフォルダを調べて、疑わしいものが見つかったかどうかを確認します。
不審なファイルや余分なファイルに気付いた場合は、Webでファイル名を検索して、それがプライマリソフトウェアの一部であるか、削除する必要のある疑わしいファイルであるかを確認します。
ファイルがメインソフトウェアの一部でない場合は、デバイスから削除します。
これらのファイルを削除し、マイクロソフトの Defender スキャンを再度実行します。その後、保護履歴をチェックして、脅威がまだ存在するかどうかを確認します。脅威が存在する場合は、サードパーティのマルウェア削除ツールを使用してマルウェアを削除する必要があります。

4.サードパーティのウイルス除去ツールを利用する

 キージェネレータソフトウェアを手動で削除し、疑わしいファイルをメインソフトウェアから削除してもウイルスを削除できない場合は、サードパーティのウイルス除去ツールを使用してウイルススキャンを実行する必要があります。その後、ソフトウェアをインストールし、デバイスでスキャンを完了し、見つかった疑わしいファイルを削除できるようにします。専用のマルウェア除去ツールを使用してスキャンを完了すると、デバイスにマルウェアがなくなります。
 ウイルス対策プログラムがマルウェアの検出と削除に失敗し、悪意のあるファイルがデバイスに隠されたままの場合は、キージェネレータでアクティブ化したソフトウェアを削除する必要があります。

5.ソフトウェア自体を削除します

 アンチウイルスは疑わしいファイルを削除する可能性が高く、悪意のあるクラックやキージェネレータソフトウェアでアクティブ化したメインソフトウェアを削除する必要はありません。問題が解決しない場合にのみ、最後の手段として検討する必要があります。メインソフトウェアは、コントロールパネルの[プログラムと機能]>削除できます。ソフトウェアを右クリックし、[アンインストール]をクリックします。次に、デバイスのインストールフォルダに移動し、残りのファイルとフォルダを削除します。

マルウェアによる感染を防ぐためのヒント

 ウイルスを削除した後、同様のウイルスがデバイスに再び感染しないようにすることが不可欠です。HackTool:Win32/Keygenのようなマルウェアからの感染を防ぐには、次のことに気を付けてください。


サードパーティのキージェネレータを使用してソフトウェアをアクティブ化しないでください。
プレミアム機能を備えたソフトウェアの無料インストールを約束するソースを信頼しないでください。
メインソフトウェアは、公式ソースからのみダウンロードしてください。
プレミアム機能の料金を支払うか、ソフトウェアの無料機能を使い続けるかのどちらかです。
ソフトウェアライセンスをアクティブ化するためにクラックファイルを使用しないでください。