Freez
 コンピュータのディスプレイがフリーズすると、このあまり知られていないショートカットを使用すると、数秒で再開できます。再起動するよりもはるかに高速です。

 作業中にPCが突然フリーズすることに対処したい人は誰もいません。しかし、突然起こるのが「フリーズ」です。通常は再起動という方法を選びますが、フリーズしたコンピューターを修正する必要があり、再起動したくない場合は、次のショートカットが役立つかもしれません。
 便利なキーボードショートカットを説明いたします。

1.グラフィックドライバをリセット

 Windowsには、ビデオドライバーを再起動するショートカットがあります。ビデオドライバーは、Windows がコンピューターのグラフィックス ハードウェアとインターフェイスできるようにするソフトウェアです。現在のWindowsのフリーズの原因の多くはビデオドライバーが原因となっています

コンピュータがフリーズしているときにグラフィックドライバをリセットするには、次のキーの組み合わせを押します。

Win + Ctrl + Shift + B

 これらのキーを押すと、画面が一瞬真っ暗になり、ビデオドライバのリセット中にビープ音が鳴ることがあります。数秒後、ディスプレイが戻ります。これはグラフィックドライバーにのみ影響するため、開いているすべてのアプリは、正常に残ります。保存した作業内容が失われることはありません。
 これはWindows 8以降でのみ機能するため、Windows7ユーザーは利用できません。Windows 8以降の場合、使用しているビデオカードの種類に関係なくこのキーは機能します。Nvidia、AMD、さらにはIntel統合グラフィックスでさえ、このショートカットでリセットされます。

 グラフィックの応答なしの問題に苦しんでいる場合は、グラフィックドライバを更新する価値があります。古いバージョンを実行すると、問題が頻繁に発生する可能性があります。


フリーズしたコンピューターのトラブルシューティングのヒント

 グラフィックの応答なしの原因に応じて、このショートカットで問題が解決する場合と修正されない場合があります。
 グラフィックドライバがスタックした場合は、このキー操作再起動すると、コンピュータを再起動せずに続行できます。ただし、これが機能しない場合は、PCがビデオカード以上の原因でフリーズしている可能性があります。

 次のトラブルシューティング手順として、Alt + Tabを押して別のプログラムに切り替えてみてください。それでもスタックしていてメニュースイッチャーが表示されない場合は、Ctrl + Shift + Escを試してタスクマネージャーを開き、応答しないプログラムを強制終了します。
 また、タスクマネージャーを使用せずにアプリを強制終了する方法も知っておく必要があります。

Windows 10タスクマネージャのプロセスリスト

 上記のどちらも機能しない場合は、Ctrl + Alt + Delを押してください。これは、オペレーティングシステムのみが応答できる特別なキーの組み合わせであり、フリーズしたPCをチェックする際の重要なステップになります。

 コンピューターがフリーズし、Ctrl + Alt + Del を押しても機能しない場合は、電源ボタンを数秒間押し続けてコンピューターを物理的にシャットダウンする必要があります。それが機能しない場合は最終方法として、電源プラグを抜くしかありません。絶対に必要でない限り、これを避けるのが最善ですが、システム全体のフリーズを回避する唯一の方法である場合もあります。


 頻繁にフリーズが発生する場合は、Windows 10またはWindows11のトラブルシューティングを実行してください。この問題が繰り返し発生する場合は、より深刻な問題が発している可能性があります。


 このような便利なショートカットを知っていると、問題が発生したときに簡単に修正できます。これですべてのPCのフリーズが修正されるわけではありませんが、ビデオドライバのロックに関連するものはすべて修正されます。これらの問題から再起動する必要がないときはいつでも、修正することになります。

 より深い問題を診断するには、Windowsが応答しなくなる最も一般的な理由について学ぶ必要があり、それぞれの解決方法が必要になります。