applelogo


 米Appleは6月13日~17日に行われた開発者向け会議「WWDC 2016」で次期Mac用OSを「OS X」から「macOS」に名称変更するという発表を行いました。それに伴い、次期OS「macOS」の機能が紹介されたのでご紹介いたします。
 次期OSであるmacOSのバージョンは「Sierra」となります。
AppleではmacOS9.2以降、OSの名称を「OS X」とし、15年この名称を使い続けてきました。しかし、その後に開発されたApple WatchやAppleTV・iPhoneし使用されているOSの名称がすべて○○OSというように、"OS"という文字が最後につくような形になっています。しかし、macのOSだけは先頭についているため、統一しようということから名称変更となりました。

macossirrea

 Sierraはアメリカのカリフォルニア州東部にあるシエラネバダ山脈のことを意味します。


 次期OS、「macOS Sierra」の新機能の特徴は、他の端末との連携強化が主な特徴となっているようです。

 PCを立ち上げる時に、AppleWatchもしくはiphoneを身に付けていると、ログインのパスワードを入力しなくてもログインできる「Auto Unlock」という機能が搭載されました。
applewatch

 次に、iPhoneやiPadでコピーしたデータなどをMac上に貼り付けることができる「Universal Clipboard」という機能も搭載され、いわゆるクリップボードのデバイスの共有化が出来るということです。

 さらに、、さまざまなドキュメントをほかのMacやiPad、iPhoneなどが共有できるようにiCloudの機能を拡張して、Mac同士のファイルなども同期できるようになりました。

 また、ファイルを整理するツールが新たに搭載され、保存デバイスの空き容量が少なくなった場合、古いファイルや画像などをCloudに移行させる機能も搭載されました。

 そして、日本ではまだ普及していませんが、海外での決済などで使用されているApple PayもWeb上でサポートされ、決済時にiPhone側のApple Payを呼び出して指紋認証1つで決済を行うことができます。

 Sierraの最大のアップデートの目玉は、iOSで使われている「Siri」がmacOSでも搭載されます。iOS版Siriと同様にディープラーニングを搭載しており、iOSと同じ感覚で「Siri」を使用することができます。

 今後の予定として、秋に正式版が無償アップグレードで提供される予定となっています