MACOSDOC
 macOSの魅力的な部分としてmacOSドックがあります。魅力的な理由の1つにその視覚化があり、マイクロソフトはWindows 11で同様のことを複製しようとしましたが、Macのようには見えませんでした。そこで、macOSドックのファンで、Windows11タスクバーをmacOSのドックのように見せたい場合は、次の方法で行うことができます。

1.まず、GitHubから RoundedTBダウンロードリンクを開き、RoundedTB_R3.1.zipをダウンロードします。

ダウンロード先

https://github.com/Erisa/RoundedTB/releases


2.ダウンロードが完了したら、zip ファイルを右クリックし、[すべて展開] を選択します。ファイルを抽出した後、ファイルをコピーします。
3.ドライブCで、新しいフォルダを作成し、名前を付けます。 これを行うには、空の領域の任意の場所を右クリックし、ドロップダウンメニューから[新規>フォルダ]を選択します。
4.ダブルクリックして新しいフォルダを開きます。
5.展開したファイルをコピー・貼り付けて、新しいフォルダーに貼り付けます。
6.次に、RoundedTB_R3.1フォルダーを開きます。
7.RoundedTBアプリケーションファイルを見つけてダブルクリックします。
8.Windowsで保護されたコンピューターの要求画面が出てきますので、[詳細情報]をクリックします。
9.次に、[実行]をクリックします。
10.RoundedTBのインストールが開始されます。インストールが完了すると、設定画面が表示されます。
11.マージン(アイコン間隔)とコーナー半径を調整します。タスクバーがどのように見えるかを確認してください。
12.余白の高さと幅を選択することもできます。[詳細設定] をクリックし、[余白] の横にある省略記号をクリックし,
必要な値を指定します。
13. [動的モード] を選択することもできます。[動的モード]オプションのアカウントをクリックし、[適用]をクリックします。]
14.問題が発生した場合は、タスクバーを右クリックし、タスクバーの設定を選択します。
15.表示されるウィンドウで、[タスクバーの動作]をクリックします。
16.[タスクバーの配置]セクションから、[左]を選択して、もう一度中央に配置します。
    注:タスクバーの設定で[タスクバーを非表示にする]オプションを自動的にオンにしないでください。