UpdateImg
 Windows 11 PCを使用している場合は、サービスであるWindowsUpdateによってマイクロソフトから自動的にソフトウェア更新プログラムをダウンロードしてインストールします。これらの更新プログラムには、パフォーマンスとセキュリティを向上させるためのサービス パック、修正プログラム、およびその他の重要なシステム ファイルが含まれます。
 ただし、使用するシーンによってはWindows Update の動作をカスタマイズしたい場合があります。その場合、Windowsレジストリを変更することで実現できます。
 Windows Updateのレジストリ設定をカスタマイズすると、コンピューターの更新をより詳細に制御でき、データ使用量の管理、自動更新の無効化、更新後の再起動の制御などが可能になります。ただし、この方法はレジストリ操作となるため、注意が必要です。変更を加える前にコンピューターとレジストリがバックアップされていることを確認することが重要です。レジストリは取り扱いを誤ると、オペレーティングシステムの再インストールを必要とする深刻な問題が発生する可能性があります。データの損失や不可逆的な損傷を防ぐために、変更を加える前にレジストリとコンピューターをバックアップしてください。

レジストリを編集する場合は、Windows + Rを押して[ファイル名を指定して実行]アプリを開き、テキストボックスにregeditと入力して、[OK]をクリックします。するとレジストリエディタが開きます。


Windows 更新プログラムのレジストリ設定のカスタマイズ

1.自動更新を無効にする方法

 Windows 11システムを安全で最新の状態に保つために、Windowsアップデートはデフォルトで有効になっています。ただし、従量制課金接続や低速のインターネット接続を使用している場合など、これらの更新を実行するタイミングを制御したい場合があります。

Windowsレジストリを使用して自動更新を無効にする方法は次のとおりです。

  1. レジストリエディタでこのファイルパスに移動します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\Auto Update

  2. Auto Updateを右クリックし、コンテキスト メニューから [新規作成] を選択し、[DWORD (32 ビット) 値] を選択します。
  3. 新しいキーに AUOptions という名前を付け、ダブルクリックしてプロパティ ダイアログを開きます。
  4. [値のデータ] フィールドに 2 を入力し、[OK] をクリックします。
  5. 値を 2 に設定すると、更新プログラムを確認するように Windows Update に指示しますが、許可なくダウンロードまたはインストールすることはできません。

2.Windows Update サービスのスタートアップの種類を変更する方法

 Windows Update サービスのスタートアップの種類によって、Windows Update サービスが開始されるタイミングと方法が決まります。Windowsレジストリを使用してWindowsUpdateサービスのスタートアップの種類を変更する方法は次のとおりです。

  1. レジストリ エディターでこのファイル パスに移動します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\wuauserv

  2. 右側のペインで [開始] をダブルクリックして、プロパティ ダイアログを開きます。
  3. [値のデータ] ボックスの数値を次のいずれかに変更します。
    2: 自動
    3: 手動
    4: 無効
    既定値は 3 です。

  4. 値を 2 に設定すると、システムの起動時に Windows Update サービスが自動的に開始されます。4 に設定すると、サービスは無効になり、手動でトリガーしない限り開始されません。
  5. 値を設定したら、[OK] をクリックします。
  6. 変更はすぐに有効になります。

3.従量制課金接続を介した Windows 更新プログラムを制限する方法

 従量制課金接続は、月あたりのデータ使用量が制限されているネットワーク接続です。Windows では、ネットワーク接続を従量制課金に設定して、データ使用量を制御できます。従量制課金接続に設定すると、Windows Update はデータを保存するための優先度の高い更新プログラムのみをダウンロードし、ほとんどの更新プログラムを自動的にダウンロードしません。

  1. レジストリエディタでこのファイルパスに移動します:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\NetworkList\DefaultMediaCost

  2. この時点で、DefaultMediaCost キーを変更しようとすると、アクセス許可エラーが表示されます。権限を有効にするには、いくつかの設定を調整する必要があります。まず、DefaultMediaCost キーを右クリックし、ドロップダウン メニューから [アクセス許可] を選択します。
  3. [既定のメディアコストのアクセス許可] ウィンドウで、[詳細設定] をクリックします。
  4. 次に、所有者を変更する必要があります。既定では、これは信頼できるインストーラーです。所有者をユーザーに変更する必要があります。[変更] をクリックします。
  5. テキスト ボックスにユーザーのパスを入力します。。この情報は、前の手順の [ユーザー] の横に表示されます。名前を入力したら、[OK] をクリックします。
  6. ユーザーが所有者になったので、[アクセス許可エントリ] リストから [ユーザー] を選択し、[編集] をクリックします。
  7. [フル コントロール] の横にあるチェックボックスをオンにして、[OK] をクリックします。
  8. 最後に、[適用]をクリックして設定を適用します。
  9. これで、DefaultMediaCost キーを編集できるようになりました。イーサネット、WiFi、4Gなどの各値は、異なる接続を表します。接続を従量制課金接続として設定するには、値をダブルクリックして DWORD ウィンドウを開き、[値のデータ] を 2 に設定します。
  10. これで、値は従量制課金として設定されます。1 に設定すると、従量制に戻すことができます。

4.更新後の再起動を制御する方法

 Windowsには、更新プログラムのインストール後にコンピューターを再起動できる自動再起動機能があります。これは、何か重要なことを行っている場合は不便です。自動再起動を制御する方法は次のとおりです。

  1. レジストリエディタでこのファイルパスに移動します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU

  2. NoAutoRebootWithLoggedOnUsers.をダブルクリックします。
  3. [値のデータ] を 1 に変更し、[OK] をクリックします。
 これで、更新後にWindowsが再起動しなくなります。アップデートをダウンロードしてインストールした場合でも、これらのアップデートの一部を実行するには、システムを手動で再起動する必要があることに注意してください。

5.ドライバーの自動更新を無効にする方法

 ドライバーの自動更新は、特に使用したい特定のドライバーがある場合に、問題を引き起こすことがあります。ドライバーの自動更新を無効にすると、システムにインストールされているものをより細かく制御できます。

  1. レジストリエディタでこのファイルパスに移動します

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\DriverSearching

  2. SearchOrderConfig 値をダブルクリックし、その値のデータを 0 に編集します。OK をクリックします。

ドライバーの自動更新が無効になりました。

6.自動更新チェックの頻度を設定する方法

  1. レジストリエディタでこのファイルパスに移動します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\Auto Update

  2. 空の領域を右クリックし、[新しい > DWORD (32 ビット) 値] を選択して、ScheduledInstallDay という新しい値を作成します。繰り返し、ScheduledInstallTime という新しい値を作成します。
  3. [ScheduledInstallDay] をダブルクリックし、[値のデータ] を 1 から 7 に設定します。
    1 は日曜日を表し、2 は月曜日を表し、3 は火曜日を表します。
  4. OK をクリックします。
  5. [ScheduledInstallTime] をダブルクリックし、[値のデータ] を 1 から 24 に設定します。値は、時刻を 24 時間形式で表します。OK をクリックします。