Win11
 今月マイクロソフトは2つのWindows11アップデートをリリースしました:KB5029351、およびKB5029331で、いくつかのマイナーな機能が追加され、いくつかの脆弱性が修正されました。しかし、今回のアップデートにより、特定のCPUにおいてブルースクリーンが発生しております。その場合の回避修正方法をご紹介します。
 今回のWindows Updateで発生する問題は多くのユーザーの間で当てはまります。Windowsとコンピューターのプロセッサとの互換性がないことを確認するエラーメッセージとともに、「BSOD」が発生します。

「UNSUPPORTED_PROCESSOR」

 すべての場合において、Windows 10および11と公式に互換性のあるプロセッサであるだけでなく、多くの人が理論的に互換性のないプロセッサで使用し、前日まで大きな問題なく動作しているユーザーも当てはまります。

 Windowsアプリケーションであるフィードバックハブを閲覧すると、すべてがMSIマザーボードのユーザーであり、主に600(Z690)および700(Z790)シリーズのIntelがこの問題を最も頻繁に報告していることを示しています。

 多くのユーザーは、「ブルースクリーン」が表示される前にオペレーティングシステムの起動を完了する機会さえないと報告しています。場合によっては、システムの起動が連続して失敗した後に自動アンインストールが実行されます。
 最終的にWindowsを起動することが可能ですが、その後すぐにWindows Updateからアップデートをアンインストールすることをお勧めします。

 このアンインストールが実行されない場合、および/または問題が解決しない場合は、Microsoftが推奨します...フィードバック Hub を使用して独自のクラッシュ レポートを送信してください。

再起動するたびにブルースクリーンしか表示され、何も機能しない場合は、次の手順を試してください。

  1. PCを強制的にシャットダウンします。
  2. 電源ボタンをもう一度押し続けると、Windowsロゴが表示されたら強制的にシャットダウンします。
  3. このプロセスを2/3回繰り返すと、「自動修復モード」にアクセスします。
  4. [自動修復]画面で、[高度なトラブルシューティング]>を選択します。
  5. コマンドラインを起動するには、詳細オプション画面で[コマンドプロンプト]を選択します。
  6. 次のコマンドを入力します (適切な更新コードに変更します)。
  7. "wusa /uninstall /kb:KB1234567"