MSSTORE
 Microsoft Storeには様々なソフトウェアが揃っています。目的のソフトウェアを見つけてインストールしようとすると、インストールボタンが表示されないことがあります。そのような場合の解決方法をご紹介いたします。
1.Microsoftアカウントに再度ログインする
 これは迅速かつ簡単な解決策で、インストールボタンが表示されない問題を解決することが多いです。以下が手順です。

  1. Microsoft Store アプリを開き、右上隅のプロファイルアイコンをクリックしてから[サインアウト]を選択します。
  2. その後、Windowsのスタートボタンを右クリックするか、Ctrl + Shift + Escを押して「タスクマネージャー」を起動します。
  3. Microsoft Storeに関連するプロセス(例:Microsoft.WindowsStore.exe)を見つけて選択し、「タスクの終了」をクリックします。
  4. サインアウトして関連プロセスを終了したら、Microsoft Store アプリに戻り、Microsoftアカウントの資格情報で再ログインします。


2:Microsoft Storeインストールサービスを再起動する
 この修正は、Microsoft Store内のインストールを管理するバックグラウンドサービスの再起動に焦点を当てて以下の手順で実行します。

  1. WindowsキーとRを同時に押し、「services.msc」と入力後、[OK]をクリックします。
  2. 「Microsoft Storeインストールサービス」を右クリックし、「再起動」を選択してサービスを再起動します。
  3. ウィンドウを閉じてPCを再起動し、変更を適用します。その後、Microsoft Storeにアクセスし、ソフトウェアがダウンロード/インストールできるか確認してください。
3:Microsoft Storeアプリを修復する
 この手順により、Microsoft Storeアプリに関連する損傷したシステムファイルを修復することができます。実行方法は以下の通りです。

  1. 設定アプリを開き、「アプリ」から「インストール済みアプリ」へと進みます。
  2. 次に、「システムコンポーネント」を選択します。
  3. Microsoft Storeの横にある省略記号(...)をクリックし、「詳細オプション」を選びます。
  4. 「リセット」セクションまでスクロールダウンし、「修復」ボタンをクリックします。

4: Microsoft Storeのリセット
 この方法は、Microsoft Storeの一時データを消去し、[インストール]ボタンが見つからないなどの問題を解決することに焦点を当てています。

Microsoft Storeをリセットするには、Windowsキー + Rを押し、「WSReset.exe」と入力して[OK]をクリックします。
このコマンドは、Microsoft Storeをリセットするために特別に設計されたWindowsの組み込みツールです。実行すると、手動でファイルを削除することなく、ストアのキャッシュが自動的にクリアされます。