win10_2

 Windows7の延長サポートが終了し、Windows10へのアップグレードを行った人も多いと思います。
 Windows10にアップグレードを問題なく終了してほっとしている人は、今回記事に記載されていることを必ず行ってください。
 今回はWindows10のアップグレード後にやっておかなければならないことを記載します。もしものためにも必ず行ってください。
1.システム回復ツールを作る
 
 今回のWindows10のアップグレードはオンラインで行った人が多いと思います。
 オンラインで行った場合、Windows10で何らかのトラブルがあり、再インストールを行う場合、インストールメディアが存在しないことになります。万が一のためにも、「インストールメディア」と「修復ディスク」を作成する必要があります。
 「インストールメディア」はマイクロソフトのサイトからツールをダウンロードし、作成します。
 
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

上記リンクからツールをダウンロードしてください。
MSwn10

 インストール後、クリックするとこのような画面が出てきます。

Win10isoimg

 USBフラッシュドライブへの作成とISOファイルの作成の2種類を選ぶことができます。
 ISOファイルで作成る場合、ダウンロード後はディスクイメージファイルとして保存されます。
 DVDにコピーする場合はライティングソフトを使いISOファイルをDVDに書き込んでください。
 もし、ライティングソフトがない場合は「BurnAware Free」をおすすめします。フリーソフトですので、ダウンロードして実行してください。

 BurnAware Free ⇒ http://www.burnaware.com/

 ホームページ画面の上部のダウンロードからFREEを選択し「burnaware_free.exe」を選択するとダウンロード出来ます。


 次に、「修復ディスク」を作成します。
 「修復ディスク」の作成はコントロールパネルから「バックアップと復元 (Windows 7)」を選択します。
syudsk

左側の「システム修復ディスクの作成」を選択すると作成できます。

2.プロダクトキーの保存
 Windows10の場合、デジタル権利付与によるライセンス認証を行うため、プロダクトキーが分かりません。
そこで現在インストールされているプロダクトキーを調べる必要があります。
 NirSoftの 「Produkey」を使います。


 下記のサイトから NirSoft 「Produkey」をダウンロードします。

 http://www.nirsoft.net/utils/product_cd_key_viewer.html



 ページにある『ProduKey – Recover Office/Windows CD-Key』をクリックして下さい。
 32ビット版と64ビット版があります。
 
 インストール後、実行すると現在使用しているプロダクトキー一覧が表示されます。また、テキスト形式で一覧を保存することができます。ただし、そのままテキストで保存すると、プロダクトキーが他に漏れるおそれがありますので、保存を行った場合は暗号化を行ってください。
 Windows10の場合、右クリックで暗号化を行うことができます。
 対象となるファイルのプロバティを開きます。

porb1


全般タブの詳細設定をクリックしてください。

prob2

 「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」にチェックを入れればOKです。

3.ライセンス認証を忘れずに

 期間終了ぎりぎりにアップグレードを行った人はライセンス認証をきちんと受けているか確認してください。
 Windows10ninsyou
 スタートを右クリックし「コントロールパネル」から「システムセキュリティ」を開き、「システム」を選択します。
画面のように「ライセンス認証されています」となっていればOKです。

4.復元ポイント作成

 トラブルなど何かあった場合に現在のシステム状態に戻せるように、「復元ポイント」を作成しておきます。
 もし、OSが起動しなくなった場合にこの復元ポイントで起動できている状態にシステムの状態を戻すことができます。
 復元ポイントの作成は「コントロールパネル」から「システム」を選択し、「システムの保護」をクリックします。
hukugen


 ウィンドウの下部にある「復元ポイントを今すぐ作成します」の「作成」をクリックすると現在のシステムの状態を保存してくれます。

5.ハードディスクのデフラグ
 Windows10には自動デフラグ機能がありますが、ハードディスクのアイドル時間に行うため、今回の大型アップデート後などの場合はきちんとデフラグ出来ない可能性があります。
 時間をとってハードディスクのデフラグを行ってください。デフラグを行うとパフォーマンスが向上します。ただし、SSDの場合は逆にデフラグを実行しないでください。SSDの場合はフリーソフトなどを使用してトリミングを行ってください。(デフラグを実行するとSSDを破損する場合があります。)

 以上簡単ではありましたが、Windows10のインストール後に行うことを紹介しました。何かあった時に混乱しないように準備をしておきましょう。