Anniversary Update

 昨日の夜、Windows10 Anniversary Updateを行いました。
 1時間くらいで終わるのかな?と思いきや、結構更新の時間はかかっておりました。

 更新時間は約3~4時間でしたので、時間の余裕のあるときの更新をおすすめします。
 
 さて、Windows10 Anniversary Updateを行ってみると、いろいろな変更箇所などがありました。
 先日お伝えしたスタートメニューなどの変更などもありましたが、その他にもいろいろとあります。
 今回は「設定」の項目の変更点を簡単にご紹介します。


 今回のWindows 10 Anniversary Updateにより、設定の項目の内容も見直されたようです。
大きな変更はありませんが、ちょっとした項目の箇所の変更などがありました。また、設定の画面のULも若干変更になっています。


win10a_1

まず、設定のメイン画面の「設定の検索」のBOXが中央に配置されました。
Win10a_2
また、視覚に分かりやすいように、各設定項目の横にアイコンマークがついています

今回、アップグレード前と後と比較できるように、画像内で対比させてみました。

画像の左はアップデート後・右はアップデート前となっています。

1.システム

Win10a_3

 新たに「このPCへのプロジェクション」「Webサイト用のアプリ」「電源とスリープ」「規定のアプリ」がメニューとして表示されました。

2.デバイス
Win10a_4


新たに「USB」項目が追加されています。

3.ネットワークとインターネット
Win10a_5
「状態」が追加され、「Wi-Fi」の項目がなくなっています。

4.個人用設定
Win10a_6
「タスクバー」が追加されました。


5.アカウント
Win10a_7
「お使いのアカウント」が「ユーザーの情報」と「メール&アプリのアカウント」に分けられています。

6.時刻と同期
Win10a_8
特に変更はないようです。

7.簡単操作
Win10a_9
特に変更はないようです。

8.プライバシー
Win10a_10
新たに「通知」と「メール」が追加されています。


9.更新とセキュリティ
Win10a_11
「Windows Insider Program」が追加されています。


以上、簡単ですが、設定の内容の変更をお伝えしました。

Window10 Anniversary Updateの入手方法は「設定」の「更新プログラムのチェック」で入手できます。
もし、早く入手したい人は、下記のリンクから「お祝いに参加しましょう-Windows10 Anniversary Updateを入手」をクリックしてください。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12387/windows-10-update-history?ocid=update_setting_client