taihoon2

 本日は過去の記事をピックアップして再度掲載します。
 今年は台風が多い季節となっています。近年台風の威力が今までにない猛威を振るっており、特に最近は台風の大型化となっております。雨や風の被害が今まででは考えれられないような大惨事につながっており、場合によっては命を守る行動が必要になってきます。今回の台風は今までにない勢力で猛威を振るうと予想されており、甚大な被害も予想されます。災害を最小限に食い止めるには、やはり台風の現在の状況を確認するのが一番であり、早めの行動が自分の命を守る行動になります。
  自分の命を守るためにも早めの対策・避難をしてください。
 また、自治体の避難勧告・指示に頼らず、少しでも危険を感じたら、早めの避難を行ってください。

 今回は少しでも台風の災害予測をできるように、非常に便利なサイトをご紹介します。
kazamidori


  今現在の風の状況・海の流れを可視化したサイトです。eath wind mapというサイトです。
 
 リンク先
 https://earth.nullschool.net/jp/

eathwind1

 このサイトはテレビの気象情報などでも良く使われているサイトです。

日本広域拡大 風速 高度1000hpa リンク

https://earth.nullschool.net/jp/#current/wind/isobaric/1000hPa/orthographic=-218.82,35.81,1687


eathwind2

アメリカ国立気象局の気象データをもとに、可視化したサイトです。上記リンクは風速にリンクしていますが、「earth」のところをクリックすると 風速気温相対湿度可降水量雲水量海面更正体感温度などを表示させることが出来ます。また、風速は高度を変更することができます。

 高度は
 地上10008507005002507010 hPa に設定できます。

 また、Google Earthの様にマップを回転・拡大・縮小も行うことができ、過去状況も確認することが出来ます。


 このサイトを使用すれば、現在の風の動きが分かるため、その後の状況が予測できると思います。

 よく見ると分かると思いますが、風の向きは各地違うため、南の風だと思ったら、実は東の風が近づいてるなどといった予測もできます。


  また、東京都の現在の風の動きも可視化したサイトがあります。

 

 リンク 東京風速


 https://air.nullschool.net/


earthwindtokyo


 災害がいつ起きるか分かりません。30分のうちに状況が一転するほど恐ろしい状況になります。
 ぜひこのサイトを活用して、少しでも災害から身をまもってください。