Ddosimg

 【修正版】
 最近、DDos攻撃がまた活発化してきております。特にコロナの影響から経済が回復してくるにつれて今年の年末からさらに攻撃も活発化してくると予想されております。
 大企業のサーバーでさえもダウンさせてしまうDDos攻撃ですが、この攻撃をリアルタイムで可視化してくれるサイトがありますのでご紹介します。
1.FireEye Cyber Threat Map

FireEyeMap

リンク:https://www.fireeye.com/cyber-map/threat-map.html

セキュリティ会社のFireEyeが提供しているマップです。総合的なビジュアルさはいまいちですが、どこに攻撃しているかを見るには、かえって分かりやすいと思います。

2.Cyberthreat Real-Time Map

CyberthreatMap

リンク:http://cybermap.kaspersky.com/



 日本でも有名な、ロシアのセキュリティ会社カスペルスキーのサイバー攻撃可視化サイトです。表示方法は地球儀モードと世界地図モードの2種類があります。

 見ると分かりますが、ともかく動きは「ハデ」で、不謹慎かもしれませんが見てて飽きません。


3.Digital Attack Map

DigitalAttackMap


リンク:http://www.digitalattackmap.com/


 google運営のサイバー攻撃可視化マップです。

 このサイトは「DDoS攻撃」だけをリアルタイムに可視化しています。

 また、サイトの下の方にある三角マークのプレイボタンを押すと、過去の攻撃履歴を日にちごとに再生されます。


 これらのサイトをのぞいてみると、毎日何かの攻撃が発生しているのがよく分かります。

 私たちはこの攻撃の巣の中にインターネットをつないでWEBを見ているということになります。

 セキュリティ対策はしっかり行いましょう