gajet

 Windows10から再度復活したデスクトップですが、Windows Vistaや初期Windows7を使用していたころ、デスクトップに「ガジェット」を配置していたのを思い出します。
 この「ガジェット」はいろいろな情報がデスクトップで確認することが出来ましたが、Windows7の途中から廃止されました。
 今回はWindows10(Windows7/8/8.1でも出来ます)でガジェット機能を使う方法をご紹介します。
 使い方によっては非常に便利な機能であった「ガジェット機能」ですが、突如Windows7の更新(SP1)から廃止されました。

 なぜ、この「ガジェット機能」が廃止なったかと言いますと、セキュリティにおいて重大な脆弱性が見つかったためです。この脆弱性によりパソコンにアクセスし制御されたり、好ましくないコンテンツを表示させたりすることが分かりました。脆弱性の修正を試みましたが、困難なことからMicrosoftはこの機能を廃止させることにしました。
 
 しかし、ユーザーはこの「ガジェット機能」の便利さを分かってしまったため、復活の声も多いのですが、Microsoftはガジェット機能を再び復活させる気配はありません。Windows10でも一時ガジェット機能が復活するのでは?といった声もありましたが、結局は「ガジェット機能」は復活せず、ガジェット機能を改良したアプリなどを公開しました。

 今回はこの便利は「ガジェット機能」をWindows10に復活させてみたいと思います。

 MicrosoftのWindowsの中には「ガジェット機能」は当然ありませんので、「8GadgetPack」というソフトを使って「ガジェット機能」を復活させます。

8GadgetPack1

 この「8GadgetPack」は実はMicorosoftでも「ガジェット機能」を使いたい場合はこのソフトを使って下さいときちんと公式に発表しているソフトです。そのため、安心して使用することが出来ます。

「8GadgetPack」は下記リンクからインストールできます。


 http://8gadgetpack.net/

8GadgetPack3


 ダウンロード後、インストールを行うとすぐにガジェットが使用できます。設定など一切不要です。
 また、この「8GadgetPack」はガジェット機能だけでなく、Windows7のサイドバーもあります。

8GadgetPack2

 まさにWindows Vista/7時代の「ガジェット」復活といった感じです。

 デスクトップ上で右クリックするとガジェット機能を呼び出すことが可能になり、ガジェットを一覧から選択することもできます。
 また、配置の変更も可能ですので、好きなように並べかえることもできます。

 もちろん、Windows Vista/7時代に使用していた「ガジェット」もそのまま使えますので、まさに「復活」といった感じです。