PASOBIKU

 仕事をしていてやってしまうのが、間違って上書きしてはいけないファイルを上書きしたり、削除してはいけないファイルを削除したり、変更してはいけないファイルを変更したりといったことなど「やってはいけないことを間違ってやってしまった」ということです。その時の絶望感は半端なものじゃありません。
 慌てないでください。そんなときに「復活」してくれるソフトがあるのをご存知でしょうか。今回はそのソフトをご紹介します。
hukkatu

 上の画像のように「復活の呪文」を入れるわけです。うそです。ソフトを使用します。
 まず、ちょっとWindowsの機能について説明します。Windows Vista以降には「ボリューム シャドウ コピー サービス」というサービスがありますが、通常はこの「ボリューム シャドウ コピー サービス」がOFFになっています。この「ボリューム シャドウ コピー サービス」は特定のタイミングでディスクドライブの内容を隠れた場所にコピーしてくれる機能です。タスク上のサービス名は「VSS」となっており、これは起動していなければなならいのが前提となります。
 このサービスが起動していれば、間違って削除したり、上書した場合でもこの隠れ保存場所からデータを復活すれば言いわけです。
 この隠れ保存場所からデータを取り出すソフトが「PreviousFilesRecovery」というソフトです。前回でもご紹介した「Nir Sofer氏」のソフトです。
下記からダウンロードして使用します。

 http://www.nirsoft.net/utils/previous_files_recovery.html

PreviousFilesRecovery

 このソフトはポータブルソフトとなっているので、USBなどに入れて持ち運ぶことができます。
 使用方法は簡単で、まずはスキャンのベースとなるフォルダーを指定します。次にオプションを指定し、検索パターンを入力します。検索パターンはワイルドカードでの検索が可能で、拡張子などでファイルを絞り込むことができます。そして[Start]ボタンを押すと復元可能なファイルやフォルダーが列挙されますので、対象となるファイルを右クリックし[Recover Selected Files/Folders]を選択して、対象ファイルを指定フォルダーへ保存します。
 その後、保存なったファイルを確認すれば良いのです。
  
 ただし、「ボリュームシャドゥコピー」のタイミングや保存状態や保存場所によっては復活できない可能性もありますので、もしものときの「最後の手段」のソフトと言えます。

 この「ボリュームシャドゥコピー」は通常のインストール時では機能がOFFとなっていますので、もしものためにもこの機能を有効にしておくと、このような場合に役に立ちます。